アニメ『盾の勇者の成り上がり』第10話「混迷の中で」【感想】尚文を慕う者、嫌う者

現在好評放送中のTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』。第10話「混迷の中で」では、とうとう弓の勇者、樹と剣の勇者、錬の出番を予感させる回となりました。そんなTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第10話「混迷の中で」を改めて振り返りつつ、感想を綴ります。

※この記事には【ネタバレ】を含みます。ぜひ、TVアニメをご覧になった後にご覧ください!

アニメ『盾の勇者の成り上がり』第10話「混迷の中で」【振り返り】

騎士団の想い

メルティの話に聞く耳を持たない尚文。メルティは王の呼び出しによりその場を離れた。メルティは母から「盾の勇者に不当な差別を行う王をいさめてきてほしい」と頼みを受けており、悲しそうな表情を浮かべながら王城へ向かうのだった。

以前の波で共に戦った騎士団の者たちが尚文たちのもとを訪れ、今回の波を一緒に戦いたいと懇願してきた。この者たちは皆、リユート村出身で、家族を助けてもらった恩返しをしたい、という想いを持っていた。

しかし尚文は、一緒に戦いたいなら銀貨150枚で売れ残りのアクセサリーを買うように言い、信用を得られるようにしてみろ、と試すのであった。

クラスアップ

尚文は自分の名前の横に☆のマークがついている事を武器屋の親父に話すと、それはクラスアップができる、と教えてもらい、砂時計のある教会へ向かった。
教会にてクラスアップをしようとしたが、盾の勇者を嫌っているシスターに「一人につき金貨15枚」と言われ、金銭の事情でラフタリアだけクラスアップすることに。しかし別のシスターが現れ、盾の勇者のクラスアップは禁止、という王からの令状を見せられ、尚文は怒りを顕にしながらその場を出ることに。

尚文たちは奴隷市場へ行き、奴隷商にクラスアップをしてくれないかと聞くが、出来ないと言われる。他国の砂時計のある場所に行けば、クラスアップをしてもらえるかもしれない、という情報をもらうが、場所は遠く、今回の波までには間に合わないので、フィーロの新しい武器「飛竜の爪」を金貨4枚で購入し、武器の性能を確かめられる依頼をもらい、今回の波はそれでなんとか凌ぐ事を決意した。

貧困の村

奴隷商からの依頼により、王都の下水道で魔物の討伐をする尚文たち。新しい武器の性能を確かめ、三人の連携によりあっという間に討伐を果たす。

その後も波までの時間は行商活動をすることにした尚文たちは、各地方を回り行商を行ったり、貧困問題に悩まされている村に行き、炊き出しを行ったりするのであった。貧困の村では弓の勇者が村の悪事を働いていた王を打ち取ってくれたが、その後レジスタンスが革命を起こし、村は重税を課せられ、余計に貧困になっていったと聞かされ、考えながらも王都へ戻り、尚文たちは食事をしていると、剣の勇者、錬と弓の勇者、樹と出くわす。

勇者たちの後始末

錬はドラゴンを倒した、樹は悪事を働く王を倒した、しかし何者かに報酬を横取りされていると話し、その罪を尚文に問いただす。

しかし真実は、尚文が疫病の元凶となったドラゴンゾンビの死骸処理をして村を救い、貧困の村への助けを行い、樹のしたことは意味がないと話す。錬は素直に信じ、謝罪をするが、樹はその話を信じず、仲は決裂したままその場を離れた。

後日、尚文の元に騎士団の者たちが訪れ、約束通りの銀貨150枚を持ってきたと話すと、尚文はアクセサリーを渡し、

尚文「その金でもっとマシな装備を整えろ。」

と優しさを見せ、共に戦う事を許した。災厄の波まで残り24時間を切ったのを確認し、武器屋にて皆で作戦会議をするのであった

アニメ『盾の勇者の成り上がり』第10話「混迷の中で」感想

ラフタリアの心配

全ての波を乗り切ったら尚文が元の世界に返ってしまう、と考えているラフタリア。そして私もついていけませんか?と………。いい子すぎます。こんなに思われている尚文は幸せ者ですね。

いいムードだったのですがフィーロによる邪魔が入り、この話はうやむやになってしまいました。今後の展開で現実世界に戻る、なんてエピソードはあるのでしょうか?あったとしたら、とても面白そうな展開ですよね。ただ、あったとしてもまだまだ先の話だと思うので今の物語を楽しみましょう。

やっと錬、樹の出番か?

終盤で錬と樹が出てきました。錬は少し不愛想で無口な感じですが、いつも尚文の肩を持つようなシーンが所々あり、ドラゴンゾンビの件は素直に謝り、罪悪感を感じていたので今回の波は共に戦ったり、ピンチな時に助けてくれたりしそうですよね。

樹も今まで尚文の肩を持っていたのですが今回の件で仲は決裂したように見えます。樹はプライドが高そうなので今後は、もしかしたら敵に回る可能性がありそうですよね。

来たる波での戦闘はこの二人の動きに注目しながら視聴していきたいと思います。

尚文の優しさと厳しさ

最初に騎士団の者と一緒に戦うのに銀貨150枚を要求したときは厳しさを感じましたが、最後のシーンで改めて尚文の優しさに心を打たれました。

フィーロにも怒ったり、父親のような指導をしますが、物欲しげに見ているフィーロの為に串焼きを買ってあげたり、ラフタリアの傷の治療をしている際も何度も謝り、俺のせいで…と言ったりして、とても仲間想いで素敵なキャラですね。普段ツンツンしているので、たまに見せる笑顔はとても好印象です。

今回の波では誰も死なず、無事に終わってくれることをただ祈ります。今後は錬、尚文、フィーロ、ラフタリア、騎士団の活躍に期待です。次の第11話コラムに期待して下さいね。

(文=CLそら

アニメ『盾の勇者の成り上がり』概要

スタッフ

原作:アネコユサギ(MFブックス『盾の勇者の成り上がり』/KADOKAWA刊)
原作イラスト:弥南せいら
監督:阿保孝雄
シリーズ構成:小柳啓伍
キャラクターデザイン・総作画監督:諏訪真弘
デザインリーダー:高倉武史
デザインアシスタント:和田慎平
モンスターデザイン:森 賢(ぎふとアニメーション)
アクション設計:黒田結花
プロップデザイン:杉村絢子
色彩設計:岡松杏奈(キネマシトラス)
ビジュアルアドバイザー:増山 修(インスパイアード)
美術:木下晋輔(インスパイアード)、西口早智子(インスパイアード)、明石聖子(スタジオ・ユニ)
3DCGディレクター:越田祐史(オレンジ)
2Dアーティスト:hydekick
モーショングラフィックス:上村秀勝(サブリメイション)
撮影監督:梶原幸代(T2スタジオ)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響制作:グロービジョン
音響監督:郷文裕貴(グルーヴ)
音楽:Kevin Penkin
音楽プロデューサー:飯島弘光(IRMA LA DOUCE)、植村俊一(日本コロムビア)
アニメーション制作:キネマシトラス

CAST

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
天木 錬:松岡禎丞
北村元康:高橋 信
川澄 樹:山谷祥生

公式サイト http://shieldhero-anime.jp
公式Twitter @shieldheroanime

(c)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。