作者・堀越耕平「ヒロアカ最終回とも言えます」劇場版『僕のヒーローアカデミア』タイトル&公開日&ビジュアル解禁!

2014年7月、堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載を開始して以来、既刊23巻のコミックスシリーズ累計発行部数は2200万部を突破!さらにこれまでTVアニメ第1期~3期が放送され、今年10月からは第4期の放送を控えている大人気作品「僕のヒーローアカデミア」(通称“ヒロアカ”)。映画シーンにおいても2018年夏に初となるアニメ劇場版が公開され、観客動員数139万人・興行収入17.2億円の大ヒットを記録した“ヒロアカ”の最新作が、この冬に公開となります!

総人口の約8割が超常能力“個性”を持って生まれる世界で、人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中、“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(デク)が一人前のヒーローを目指してヒーロー輩出の名門校で成長していく姿を描く物語は、多くの共感と興奮を呼び、連載当初より人気が沸騰。日本国内だけに留まらず、北米・ヨーロッパ・アジアと世界中で圧倒的な人気を誇っています。そしてこの度、劇場版最新作の正式タイトルと公開日が決定しました。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』

公開日:12月20日(金)

さらに、この劇場版の初ビジュアルが解禁!!今作ではデクやその幼馴染でライバルでもある爆豪勝己をはじめ、麗日お茶子・飯田天哉・轟焦凍など、雄英高校1年A組のメンバーが全員集結!“平和の象徴”オールマイトの意志を継ぐ“新時代のニューヒーロー”として、史上最凶の敵<ヴィラン>・ナインに立ち向かう、ファンにはたまらない胸アツなストーリー。

劇場版の初ビジュアルが解禁!「次は、君たちだ。」

原作者であり、今作の総監修とキャラクター原案も務める堀越耕平も「今回の映画は、ある種ヒロアカ最終回とも言えます。というのも、原作の最終決戦でやりたかったネタの一つをこの映画で使っているからです。」と語るほど。「ヒーローズ:ライジング」というタイトル、さらに「次は、君たちだ。」というコピーに隠された意味とは・・・?

原作者・堀越耕平 コメント公開!

今回の映画は、ある種ヒロアカ最終回とも言えます。というのも、原作の最終決戦でやりたかったネタの一つをこの映画で使っているからです。これを超える展開はおそらくもうないと思うので、第3弾はないでしょう。多分。というわけで、僕のヒーローアカデミア映画第2弾、前回よりもPLUS ULTRAしておりますので、どうぞお楽しみに!!

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
公開日:12月20日(金)

©2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。