ギミックが疼く…!MADARA30周年記念 田島昭宇原画展『GOD TIME FANTASTIC WORLD』訪問レポート!

11月11日〜12月10日まで「MADARA30周年記念 田島昭宇原画展『GOD TIME FANTASTIC WORLD』(URL)」が、東京・日本橋のマンガ、アニメ、ゲームアートギャラリーspace caimanにて開催中です。田島昭宇先生が手がけるキャラクターと独特な世界感に多くのファンが集っています。

MADARA30周年記念 田島昭宇原画展『GOD TIME FANTASTIC WORLD』

埋め尽くす「魍魎戦記MADARA」の貴重な原稿!

先ずspace carimanは、東京・日本橋のお洒落なレストラン「caiman table」の地下1階にあるギャラリーです。入り口はレストランを右折して直ぐに見つかります。

中に入るとこのような巨大なタイトルロゴを左手に通路を進み、更に地下1階に降りていきます。何という緊張感…。

会場を1週すると、そこには「魍魎戦記MADARA」が入稿される前の貴重な状態の原稿が、所狭しと展示されています。また、額装された一部の原画は展示販売されるなど、コレクター心が刺激される大人向けの展示内容です。ため息が止まらない…。早速、近くで見ていきましょう!

ディティールが凄い!ここでしか見られない貴重な原稿の数々!

白黒とカラーの原稿を数点ご覧いただきました。勿論全てアナログ作業で仕上げられている為、鉛筆による下書き、ペン入れ、ベタそして書き文字まで、「MANGA」という日本が誇るカルチャーの制作過程を余すことなく見ることができるのです。

この日本語ならではの躍動感ある書き文字はまさしく芸術!飛ばしたインクも凄い迫力!

そして、吹き出しに直接貼られているのが台詞の写植。位置や大きさ、形まで絶妙なんです。当時、読者だった頃、この文字がその世界感に没入する1つの入口だったことを思い出します。この「影王ォ・・・」の書体の凄み…!

最後にこちらが額装された「魍魎戦記MADARA」歴代の単行本の表紙のラフ画です。これらは全て完売となっていました(尚、1巻の原画は非売品)。会期は1st STAGE(2017年11月11日~20日)と2nd STAGE(2017年11月24日~12月10日)に分かれ、なんと入場料は300円!しかも、入場特典として、愛蔵版の描き下ろしイラストの線画が使用されたステッカーがそれぞれの会期で3種類用意されます。 また、RUDE GALLERYとコラボしたオリジナルTシャツやトートバッグなどのグッズも購入できます。


MADARA30周年記念 田島昭宇原画展『GOD TIME FANTASTIC WORLD』

1st STAGE:11/11(土)~11/20(月)
2nd STAGE:11/24(金)~12/10(日)
休廊日:火、水、木
時間:12:00~20:00(最終入場19:45)
会場:space caiman
入場料:300円(特典ステッカー付き、2回目からは特典提示で無料)
アクセスはこちら http://www.caiman.jp/space/access.html

©SHO-U TAJIMA ©EIJI OTSUKA ©MADARA PROJECT
WANIMAGAZINE CO.,LTD.