天使が舞い降りた冬!コミケ93ざっくり総括|2020年まで後2年

2017年12月29日(金)〜31日(日)、東京ビッグサイトにて開催されたコミックマーケット93の総来場者数は初日18万人、2日目16万人、3日目21万人の約55万人となった。驚異的な人数だが、夏コミ50万人、2016年の冬コミ55万人と比べるとほぼ横ばいという結果だ。

JMAG NEWS
アニメ、聖地、コラムのニュースサイト

だがコミックマーケット準備会にとって、いまだ課題は山積みだ。2020年に開催の「東京2020オリンピック・パラリンピック」では、東京ビッグサイト全館がメディアセンター等として利用される為、2020年5月の連休に『DOUJIN JAPAN 2020(仮)・コミックマーケット98』が開催される見込みだが、同会場を使用している他の主要団体や会場側との様々な調整が待っている。

コミックマーケット93〜振り返り

経済は感情で動く!寒くて熱い即売会!

AM10時の開場と同時に聞こえてくる何万人もの足音と「走らないで!」と叫ぶ準備会スタッフの叫び声。先頭グループが目指す先は、お目当てのサークルの待機列。あっという間に会場の外まで広がっていく。それぞれの目的地へと急ぐ一般参加者の飽くなき挑戦は続く。

これで2018年も生きていける…圧倒の企業エリア!

コミケと言えば、企業エリア。『限定』や『先行』で購入できる様々なグッズを目指す多くの参加者たち。今回気になったのは、2018年1月から放送の所謂冬アニメの資料などが掲載されたレアなスターターブックだ。


定番キャラから新キャラまで盛り上がったコスプレ広場!



初日が強風に見舞われ、3日目には雪が降るなど、かなり寒々しいコミケとなったが、世界中どのイベントを見ても盛り上がるのはコスプレ広場、寒さも物ともせず大盛況だった。

そして天使が舞い降りた…。中国から来た新鋭コスプレイヤー・リーユウさん!

『アイドルマスターシンデレラガールズ』でお馴染み「自称ボクが一番カワイイアイドル」輿水幸子のコスプレをして登場した中国・上海のコスプレイヤー黎狱(リーユウ)さん @Liyu0109が天使過ぎた!

最後は、IOEAの皆さま。2018年以降も益々盛り上がる世界のオタクイベントに期待!

IOEA国際オタクイベント協会(http://ioea.info/)に加盟するのは、2017年12月の時点で、42の国と地域、111ヶ所のイベント。オタク文化の普及と世界を1つにすべくIOEAの戦いは今年も続くだろう。また、当編集部が企画・デザインを手がける『TOKYO POP GUIDE MINI』も好評配布中だ。

総括として、やはりコミケは世界でも類を見ない巨大イベントだ。2020年に開催の「東京2020オリンピック・パラリンピック」との相乗効果によってコミケ及び関連イベントが成功することを祈ってやまない。