『だがしかし』第2期放送記念!原画展へ行ってきました!

現在、TVアニメ『だがしかし2』が好評放送中!

2月10日(土)から、日本初の漫画,アニメ,ゲーム専門のアートギャラリー「GoFa」さんにて、
現在人気沸騰中の同作原作者・コトヤマ先生の原画展「アニメ第2期放送記念 コトヤマ『だがしかし』原画展」が開催中!

今までも様々な作品の原画展を行ってきたGoFaさん。
今回も原画展の見どころは盛りだくさん!「だがしかし」原画展の見どころをお届けしちゃいます♪

「だがしかし」の名場面が次々と蘇る!コミック「だがしかし」原画展示

ホタルさんがお客さんをお出迎え。

「だがしかし」の歴史を振り返りながら……

今回の原画展、入ってすぐ右手にずらっと展示されているのは、手前から順に原作コミック「だがしかし」の原画。
一番手前には、2014年に刊行されたコミック1巻の原画が展示されています。

原画は、掲載されている刊行巻順に展示されており、「だがしかし」刊行から4年の歴史を感じられます。

ホタルさんの年齢は……? コトヤマ先生の「だがしかし」Q&A

会場には、原作者・コトヤマ先生によるQ&Aコーナーも設けられています。

「登場する場所や建物のモデルはありますか?」から「ホタルさんの年齢は?」といった、ファンなら誰もが気になるディープな質問まで掲載!

回答は見てのお楽しみ♪

「だがしかし」“製造”工程が分かる!―ネーム展示

漫画での「ネーム」は、漫画を描く際に「コマ割り、コマごとの構図、セリフ、キャラクターの配置」などを大まかに記したもののことを指します。いわゆる…駄菓子で言うところの『製造工程』みたいなものですね!

展示会で展示されている本作の「ネーム」。

「下描きの段階で、ほたるさんがどう描かれているのか…」など、見どころ満載でした。

直筆原稿の展示も

こちらは、原作コミック「だがしかし」第153かし「60分キャンディ」の原稿なのですが、

なんと「ナマの」直筆原稿。

普段は一部デジタルで描かれている先生に“あるトラブル”が……。
原稿では実際にペン入れをする前にインクを出しやすくするためのテスト線なども確認でき、ファンは必見の貴重な展示ではないでしょうか。

コトヤマ先生の“ウラ話”を見ながら……♪

今回の原画展では、コトヤマ先生の作業“ウラ話”を見ながら原画を見られるのが魅力の一つ♪

コトヤマ先生の身に起こったトラブル…製作時の「こだわり」などなど、『だがしかし』がより好きになれる面白トーク満載です。

また、今回の展示会では、現在好評放送中のTVアニメ『だがしかし2』の原画、設定画なども展示。アニメファンも原作ファンも楽しめる展示会になっています♪

会場では限定グッズ・“駄菓子”の販売も

「喫茶エンドウのカップ&ソーサー」ほか限定のグッズ販売!

「アニメ第2期放送記念 コトヤマ『だがしかし』原画展」では限定グッズの販売も。

『だがしかし』にも登場する「喫茶エンドウのカップ&ソーサー」も販売されるなど、展示会でしかゲットできないグッズ盛り沢山です。

「喫茶エンドウのカップ&ソーサー」は、限定50個の販売になりますので、手に入れたい方はぜひお早めに。

また、「だがしかし」らしい駄菓子の販売も。

「60分キャンディ」など、原画展での原画にも登場する駄菓子も販売されますよ!

こだわりの「カフェメニュー」

コラボグッズの他に「コラボカフェ」開催も。

コラボカプチーノには、シナモンで描かれたデフォルメキャラのカプチーノアートが描かれています。

なんでも「ほたるさんの目のグルグルにも力を注ぎました!(スタッフさん談)」とのこと……いや、コレすごいですよ。

「喫茶エンドウのコーヒー」は、会場で販売の「喫茶エンドウのカップ&ソーサー」で提供されます。※要返却

カフェメニューには特典コースターも付いてきますので、展示会にお立ち寄りの際にはコーヒーも楽しんでみてくださいね♪

「アニメ第2期放送記念 コトヤマ『だがしかし』原画展」―より『だがしかし』が好きになれる原画展♪

現在大人気のなか放送されているアニメ「だがしかし2」。

2014年から走り始めている原作コミック「だがしかし」の歴史を感じながら、放送中のアニメ展示も楽しめる、ステキな原画展でした!

ほたるさんの“可愛らしい”アクションが見られる原画から、ちょっとドキドキする原画まで……?

渋谷・GoFaさんの「アニメ第2期放送記念 コトヤマ『だがしかし』原画展」。ぜひ足を運んでみてください。

「アニメ第2期放送記念 コトヤマ『だがしかし』原画展」◇開催概要

会期■
2018年2月10日(土)~3月11日(日)
※月曜定休、但し祝日を除く。
※2月11日(日)はビルメンテナンスの為休館
※2月26日(月)は展示入れ替えの為休館

営業時間■
12:00~18:00

会場■
青山GoFa
〒150-0001 渋谷区神宮前5丁目52-2 青山オーバルビル2F

主催■
GoFa(Gallery of Fantastic art)
 

協賛■
株式会社マット

協力■
株式会社小学館、シカダ駄菓子2

企画制作■
MATエンタープライズ

入場料■
チケット(税込)600円
会場入り口、及び、ローソンチケットにて販売
※会場入り口でのチケット販売は数に限りがござますので、予めご了承ください。
ローソンチケット Lコード:33516

チケット販売ページURL:

http://l-tike.com/dagashikashi-genga

内容■
描き下ろしイラスト展示
カラーイラスト展示
漫画原稿展示
アニメ資料展示
オリジナルグッズ・コラボメニューの販売など

販売商品■
直筆サイン入りアートグラフ
アクリルキーホルダー
缶バッジくじ
クリアファイル
絵ハガキセット
キャラクターデザインカプチーノ…など

公式サイト:http://www.gofa.co.jp/

©2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2

2 comments

  1. JMAG Official

    |Author

    この記事をコトヤマ先生からもRTいただき感激です。ちなみに、会場のGoFaは表参道から3分、渋谷駅から10分以内で行けるアクセスがとても良いアートギャラリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA