Kalafina、茅原実里、May’nによるそれぞれの音楽の世界。音楽イベント『Songful days』が無事閉幕

世界的にも注目される日本のアニメ・ソングシーンから生まれた、歌唱力のある実力派アーティストによる「歌」に焦点を当てた音楽イベント『Songful days』が3/3開催されました。出演のKalafina・茅原実里・May’nの3組がそれぞれの持ち時間で表現する「音楽」を両国国技館に集まった5,000人の観衆に響かせました。

Kalafina・茅原実里・May’nの3組

ゲストパフォーマンスとして登場の生田流箏曲演奏家・吉永真奈が琴の音で会場の雰囲気を作る中、「迷い込んだ森の奥で見つけた音楽会」という世界観を伝える園崎未恵によるナレーションで開幕。

トップバッターで登場したMay’nは「ダイヤモンドクレバス」「You」などの楽曲を情感豊かに熱唱。「国技館初めて立たせて頂くんですけど、凄い広いね!」と語り、最後は最新アルバム『PEACE of SMILE』から「Shine A Light」を披露。

二番手は茅原実里、弦楽四重奏を引き連れてステージに登場した茅原は「なかなかこんな機会はないので、一曲一曲心を込めて歌いたいと思います」とMCを入れながら歌唱。弦楽アレンジとしては初披露となる「境界の彼方」や、代表曲「Paradise Lost」など7曲を熱唱しました。

最後に登場したのはKalafina。最新シングル「百火撩乱」から始まった3人の時間は「Kalafinaは心が温かくなるような曲を選んできました」とイベントへの思いを語りつつ「storia」「アレルヤ」などを歌いきりました。

そして、May’n・茅原実里もステージに登場。楽しげにトークを披露した後に、「聞けばアニソンの国歌と言われる曲があるそうで…」と切り出し、この日だけのスペシャルコラボレーションとして、「鳥の詩」を五人で披露。観客から万雷の拍手を受けました。

サイリウムを振り、熱狂の中全身で体験するフェス型の“動”のイベントに対する、歌の世界に心底浸りながら、その表現と一対一で向き合う“静”のアニソン系イベントとして開催した『Songful days』。次回の開催が待たれます。

SPICE(powered by e+) presents Songful days ―次元ヲ紡グ歌ノ記憶―

迷い込んだ森の先に、ふと現れた空間……。そこは、異世界へと繋がる場所。木漏れ日が差し込むその場所に響き渡る、素敵な歌声。最上級な音楽会が、いま、ここから始まる。

日程: 2018年3月3日(土)
時間: OPEN 16:00/START 17:00
会場: 両国国技館
出演: Kalafina/茅原実里/May’n(五十音順)
ゲストパフォーマンス: 吉永真奈
ナレーション: 園崎未恵

主催・企画: SPICE/e+(イープラス)
制作: ユニオンマスターエンターテインメント
協力: キョードー東京
イベントURL : http://eplus.jp/songfuldays/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA