『からかい上手の高木さん』「リコーダー対決」ほかOP/ED発売記念イベレポートが到着

現在好評放送中のTVアニメ『からかい上手の高木さん』より、3月10日(土)、新宿SAMURAIにて、高木さんを演じる高橋李依さん、OPテーマを歌うアーティストの大原ゆい子さんのお二人が出演のOP・ED発売記念リリースイベントが開催されました。

大原ゆい子さんによる「言わないけどね。」が生演奏されたほか、「中学生の思い出トーーク!」などのトークパートも大いに盛り上がった同イベント。
同イベントより、レポートが到着しました!

『からかい上手の高木さん』OP・ED発売記念リリースイベントのレポートが到着

TVアニメ『からかい上手の高木さん』OP・ED発売記念合同イベントが310日に開催された。ライブハウスの新宿SAMURAIには高木さん役の高橋李依さんと、OPテーマを手がけたシンガーソングライターの大原ゆい子さんが登壇。テーマ曲のミニライブはもちろん、作品にまつわるトークや対決コーナーも飛び出して、オールスタンディングのイベントを盛り上げた。

高橋李依さんの衣装に込められた想いは……!

昼の部のイベントは二人揃ってのクロストークからスタート。高橋さんは横縞がアクセントの可愛らしい衣装で登場。第6話の夏休みエピソードで高木さんが着ていた私服をイメージしており、少しおでこを見せた髪型も高木さんを意識したそうだ。大原さんはホワイトの爽やかなワンピースを身につけて、作品の世界観を全身で表現した。

今回はライブハウスでの開催ということで、ペンライトを使わないというアニメイベントでは珍しい趣向を取り入れた。普段のステージとは少し異なる環境に、高橋さんは「ライブハウスの嗜み方を教えてください!」とアドバイスを求める一幕も。大原さんは「私も分からないのですが……」と笑わせつつ、曲のリズムに合わせて乗って楽しんでほしいと伝える。

OPテーマとカップリング曲を大原ゆい子さんが歌唱

まずは大原さんがソロでOPテーマ「言わないけどね。」を歌唱。アコースティックギターを弾きながら、澄んだ歌声を会場中に響き渡らせていく。2曲目はアーティスト盤のカップリング曲「木星バット」。大原さんは「この曲は皆さんをからかっているような感じの手拍子が入っているんですよ」と笑顔を見せる。オーディエンスの手拍子も飛び交い、彼女の歌声をサポートした。

3曲目はアニメ盤のカップリング曲「旅立ちの風」。卒業式を思わせる楽曲を切ない声で歌い上げると、ライブハウスは大きな拍手に包まれた。舞台袖で歌声を聴いていた高橋さんも「私も手拍子しちゃいました!」と興奮を隠せない様子。

高橋さん&大原さんの「中学校の思い出トーーク!」

続いてはコーナー「中学校の思い出トーーク!」に突入。このコーナーは箱に入ったお題を引いて、二人の中学生活を掘り下げていくという内容だ。「文化祭の思い出」の質問では、高橋さんがクラスの合唱祭で指揮者をしていたという意外な過去を告白。ダイナミックな身振りを交えてリードをしていたら何と指揮者賞に選ばれて、「その経験が表現の楽しさを知るキッカケになった」と振り返る。

「何部だった?」というお題では、大原さんが管弦楽部のエピソードを語った。部活はとても厳しく、ときには先生から指揮棒が飛んでくることもあったとのこと。しかし卒業式の日にはいつも厳しかった先生がアカペラで卒業生を送り出してくれて、思わず涙してしまったと懐かしげな表情を浮かべた。

「ふえふき上手の高木さん」勝ったのはどちら……?

コーナー第2弾「ふえふき上手の高木さん」は、お題の曲をリコーダーで上手く吹けた方が勝ちというミニゲーム企画。リコーダーを吹くのは中学生以来だという二人はすっかり本気モードに。水を飲んで喉の調子を整えてから本番に臨んだ。課題曲は「きらきら星」。先攻の大原さんはスポットライトを浴びて、皆の視線が集まる中でチャレンジ。最初は上手くいっていたものの、最後の最後で音程を外してしまい会場は爆笑の渦に……

それに対して後攻の高橋さんは美しいメロディを披露。続いての課題曲「チューリップ」も高橋さんが勝利し、ファンの拍手を一人占めにした。大原さんは「ミュージシャン辞めても良いですか」と冗談を飛ばしつつも「練習しておきます!」とリベンジを誓った。なお勝者の高橋さんには第1話のエピソードにちなんで「高級消しゴム」がプレゼントされた。カバーが金色に輝く一品で、ゴージャスな出来映えに驚いていた。

高橋李依さんがEDテーマ曲を生で初披露

後半は高橋さんによるEDテーマのパートに移った。実は高橋さんが高木さんとしてEDテーマを生で歌うのは今回が初めて。大原さんもピアノで参加し、記念すべきステージを後押しする。1曲目は第9話のEDテーマ「小さな恋のうた」。2000年代前半の人気ラブソングが『高木さん』らしいアコースティックver.で演奏された。歌詞の「あなただけに」という部分は、クラスメイトとカラオケへ行った高木さんが、西片くんだけに向けて歌っているシーンを想像したとコメント。ライブハウスは甘酸っぱい雰囲気に包まれていった。

ラストは第1話・第2話のEDテーマ「気まぐれロマンティック」。高橋さんは「もうみんなも聴きたそうな顔をしている」と高木さんっぽく客席をからかいながら、定番のラブソングを熱唱。曲の終わりでは「せーの!」の掛け声に合わせて全員がジャンプを決めて、特別な一体感に包まれた。

高木さんのクラスメイトになったようなフレンドリーなイベントを会場の全員が満喫

あっという間にフィナーレを迎えて、大原さんは「一緒に時間を過ごせて楽しかったです。ありがとうございます!」、高橋さんは「高木さんとして皆さんの前で歌うことができてメチャクチャ楽しかったです!」とファンへメッセージを送った。続いて行われた夜の部もライブハウスは満員の大盛況。高木さんのクラスメイトになったようなフレンドリーなイベントを会場の全員が満喫していた。

328日にはEDテーマを収録した「『からかい上手の高木さん』Cover Song Collection」がリリース。63日には大原さんのアコースティックライブ「この月が満ちる日」が行われる。こちらも注目の内容になりそうだ。

アニメ「からかい上手の高木さん」◆作品概要

放送情報

“あにめのめ”にて好評放送中! 
TOKYO MX 毎週月曜23:00〜
読売テレビ  毎週月曜25:59〜
BS11    毎週火曜25:30〜
※放送時間は都合により変更になる場合がございます。

イントロダクション

「今日こそは必ず高木さんをからかって恥ずかしがらせてやる!」
とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。
高木さんをからかい返そうと日々奮闘するが…?
そんな高木さんと西片の、全力“からかい”青春バトルがスタート!

スタッフ

原作■山本崇一朗『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』(小学館「ゲッサン」刊)
監督■赤城博昭
シリーズ構成■横手美智子
キャラクターデザイン■髙野 
サブキャラクターデザイン・総作画監督■茂木琢次/近藤奈都子
音楽■堤博明
アニメーション制作■シンエイ動画
オープニングテーマ■「言わないけどね。」(歌:大原ゆい子)
作詞・作曲■大原ゆい子 編曲:吉田穣

キャスト

高木さん:高橋李依
西片:梶 裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
田辺先生:田所陽向

公式サイト■
http://takagi3.me

公式Twitter■
https://twitter.com/takagi3_anime

©2018 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん製作委員会

記事引用元:あにぶ(https://anibu.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA