ドワンゴ発のVRライブ・コミュニケーションサービス『バーチャルキャスト』ローンチ

株式会社ドワンゴは、自社で開催の「ニコニコ超会議2018」第3弾発表会において、株式会社インフィニットループと共同で、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」の提供を開始したことを発表しました。

バーチャルキャストを利用すれば、ユーザーはなりたいバーチャルキャラクターになり、どんな遠いところにいるバーチャルキャラクターにもすぐ会いに行くことができます。もう会いたくて震えることはありません。バーチャルキャストはどんなに遠くても会いに行けるVRサービスです。

VRライブ・コミュニケーションサービス『VirtualCast』

概要

バーチャルキャストは、バーチャルキャラクターになったユーザーがVR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。ニコニコ生放送などの生配信サービスを介してスタジオを公開したり、公開中のスタジオに乱入することで誰でも気軽に、好きなキャラクターでコミュニケーションできます。視聴者を楽しませる様々なアイテムや、好きなバーチャルキャラクターモデルを取り込んで使える機能など配信のための番組作りに欠かせない機能もあります。

なりたい自分で会えることができる!

会いにいくのは恥ずかしい気持ちもあるもの。そこで自分もなりたいバーチャルキャラクターになって会いにいくことで恥ずかしい気持ちを極力抑えられます。なりたい自分で会いに行けます。

凸機能でスタジオに凸参加可能!

バーチャルキャラクターになったユーザーは他のスタジオに乱入できる「凸」機能でバーチャルキャラクターに会いにいくことができます。

目を見て会話できる!

VR空間のスタジオでは会いたいキャラクターと二人きりで見つめ合っての会話ができます。もちろん多人数で会うことも可能です。

好きなバーチャルキャラクターと抱き合える!

スタジオでは直接触れ合うことができます。バーチャルキャラクター同士で抱き合うなんてことも…

VR空間にコメントで参加可能!

HTC VIVEを持っていないユーザーは配信中のVR空間のスタジオにコメントで参加可能。ニコニコ生放送ではコメントを降らすことができます。コメント表示は「落下表示」、またTwitterのカードのような「ウィンドウ表示」の2種類に対応。

対応配信先プラットフォーム : ニコニコ生放送、YouTube Live、ツイキャス、Twitch、OPENREC.tv
機材・必要なもの:VIVE、VIVE推奨スペックのWindows10 PC、バーチャルキャスト (Win)、インターネット回線

公式サイト https://virtualcast.jp/

© DWANGO Co., Ltd. / infiniteloop, Co., Ltd. All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA