グランドオープンした「とらのあな」初の海外店舗『とらのあな台北店』訪問レポート!

2018年3月23日に台湾台北でグランドオープンした『とらのあな台北店』。台北のオタク友達曰く、かなり評判が良いとのこと。そこで、編集部ではこの度、「とらのあな」初の海外店舗『とらのあな台北店』に遊びに行ってきましたので、以下レポートします!

『とらのあな台北店』について

『とらのあな台北店』とは、台湾台北市の繁華街「西門町」にオープンした、とらのあな初の海外1号店です。店内には同人誌や日台作家のマンガの他、とらのあなのオリジナルグッズなど様々な商品を取り揃えています。

博愛公元大樓ビル

若者が集う西門町にある『とらのあな台北店』は、博愛公元大樓ビルの2階にあります。初めて訪れた人は迷うかもしれませんので、上記の地図を参照して下さい。博愛公元大樓ビルを発見できたら「とらのあな」のマスコットキャラクター虎々ちゃんが見えてくるはずです!

店舗入り口階段

2階に上がるのに、階段とエレベーターがありますが、今回は階段を選択、かなりの人が行き来しており、皆さん手に紙袋が…。階段にも店舗への道のりが分かりやすく描かれています。2階に到着すると、直ぐに『とらのあな台北店』の入口を発見。お祝いの花が沢山飾られていました!

店舗入口

店舗は横に広く、入り口から右手が特設ブース、左手に進むと書籍や同人誌の販売エリアとなっています。一番奥にはR指定書籍が並ぶ18禁エリアも。特設ブースでは様々な作家さんからのお祝いのイラストや「とらのあな」の日本全国店舗マップ、そして、Tony氏をはじめとした日本の人気作家の作品が飾られていました。

特設ブース

書籍販売エリアには女性向け、男性向け、一般向けとかなりきめ細やかな品ぞろえで、日本と全く変わった様子はありません。同行していた台湾の友人(オタク歴20年、同人作家)も取り揃えの幅広さに驚いていました。そして、販売エリアはかなり混雑しており、レジでも多くのスタッフが買い物客に対応しているにもかかわらず、会計待ちの列はなかなか途切れることはありませんでした。


当日取材を申し込んだところ、店内を駆け回っていた店長の香月氏が快くインタビューを引き受けて下さいました。

ー 『とらのあな台北店』は「とらのあな」初の海外店舗ということですが、オープンまでの経緯についてお聞かせ下さい。

台湾に同人市場があるのはリサーチで分かっていましたが、まず2018年1月に現在店舗としてオープンしたこの場所で特設店を開設したのち、台北で開催された同人即売会イベント「FANCY FRONTIER開拓動漫祭※」に出展し、その後3月23日に改めてオープンしました。

※ 「FANCY FRONTIER開拓動漫祭」とは月刊FRONTIERと台湾動漫画推進協会が企画・開催する同人イベント

ー オープンするまでのスピード感から、かなり入念な準備期間があったのだと想像しますが、台湾と日本とお客さんの違いや異国での新店舗設置に不安はなかったのでしょうか?

先ず、日本と台湾で、流行っている作品に違いは感じられずニーズはほぼ同じだということが事前の調査で分かっていましたので、開店に不安はありませんでした。ただ女性向け作品の消費サイクルが日本より早い点と、僅かですが、言葉の壁も存在するので、これから少しずつでも解消できるように取り組んでいきたいと考えています。加えて、成年向け商品のゾーニングについては、こちらの文化に合わせ、カーテンでしっかり区切っています。今のところ運営での不便さは特に感じていません。

ー 最後の今後の展望についてお聞かせ下さい。

「とらのあな」ではイベントで頒布された商品をすぐに入荷・販売できるよう常に業務の見直しを行っていますが、台湾と日本では近いとは言えやはり物理的な距離が存在します。現在かかっている時間を如何に減らし、より多くの方々に沢山の同人誌を選んでいただき、購入して頂けるよう努力していきたいですね。

店内でインタビューさせて頂きましたが、その間も多くの方が来店し、商品を見て回っていました。『とらのあな台北店』が今後日台の同人文化交流において、重要な役目を果たしていくのではないかと感じられました。

レポーター紹介!

2010年に設立されたアニメ・ゲーム専門の広告代理店の北京動卡動優文化傳媒有限公司有限会社(北京MYC)。中国のアニメ市場の消費力データを有し、アニメ・コミック・ゲーム(ACG)の分野で、中国市場を狙う企画から販売促進まで一連のサービスをワンストップで提供。2016年に日本支社(株)MYC Japanも設立。

とらのあな台北店(現地表記 虎之穴台北店)

所在地:台北市中正区漢口街1段-85號-博愛公元大樓2F
店舗面積:約168坪
営業時間:全日12:00~22:00 ※予定
取扱商材:
・日本の同人誌(一般向け、成年向け、女性向け他)
・台湾(海外)の現地クリエイターによる同人誌
・台湾現地のマンガ(翻訳され、台湾の出版社より発売されているもの)
・とらのあな限定版グッズ、自社制作グッズ
…etc

特設サイト https://news.toranoana.jp/43713

(C) 2018 TORANOANA Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA