映画公開間近『のんのんびより』は最高のアニメだと言いたい!!

2018年8月25日より、ついに待望の「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」が公開となるアニメ『のんのんびより』シリーズ。

7月1日までの数日間、動画配信サイト『ニコニコ動画』でTVアニメ第1期が無料公開されており、改めて視聴したところ、いろいろな魅力を改めて実感し、結果「『のんのんびより』は最高のアニメだと言いたい!!」と思った次第であります。

 『のんのんびより』は、放送から数年が経っていることもあり、「新規ファンが付きにくい作品なのでは…?」と思う方も少なくないようですが、放送から時が経てども色褪せることなく、多くの人に『自然な感動』を感じていただける最高の作品

 ネタバレになるようなことは避けつつ、『のんのんびより』をまだ見たことがない方はもちろん、見たことがある方にも、私の思う『「のんのんびより」の素晴らしさ』をお届けさせていただければと思います。

映画公開間近『のんのんびより』は最高のアニメだと言いたい!!

ざっくり紹介!TVアニメ『のんのんびより』とは?

アニメ『のんのんびより』とは……

(1)とある田舎の学校「旭丘分校」に通う生徒たちを描いたアニメ!駄菓子屋以外のお店はアニメにほぼ登場しない!
(2)主人公で小学1年生の宮内れんげ を中心に、田舎らしいほのぼのとした日常の雰囲気が描かれています!
(3)主人公 宮内れんげちゃんの口癖「~なのん」がとにかく可愛い!
(4)TVアニメ1期が2013年秋に、TVアニメ2期が2015年夏に放送されました!

それでは、早速、筆者が『「のんのんびより」は最高のアニメだと言いたい!!』ワケを、『2つの魅力』からお届けさせていただきます。

【ワケその一】『日常アニメ』なのに『非日常アニメ』?

ありふれた日常を描いた、いわゆる『日常系』アニメって、人によっては「話が平坦で途中で飽きる……。」と思う方も少なくないもの。

しかし、「日常の雰囲気を描いたアニメ」と紹介したにも関わらず、あえて『矛盾』に踏み込むならば、筆者は「『のんのんびより』は『非日常系』アニメ」だと思っています。
『のんのんびより』の魅力としてよく挙げられるのは、ほのぼのした田舎で展開される、ほのぼのとした温かさ

ある回では、東京からの転校生・一条蛍ちゃんが「周りは出来ている“ある事”が出来ない」と口に。しかし、周りのキャラクターたちは蛍ちゃんを責めもせず、仲間外れにもせず「無理しなくて良いんだよ」と声をかけます。こういった温かく、柔らかな世界観って、『非日常』なのではないかな、と思うのです。(単に筆者が現実を悲観しているだけかもしれませんが)

でも、これでは『「話が平坦で途中で飽きる……。」ことが無い』ということを説明出来ていませんよね。温かなストーリー、優しい世界観だけがポイント、ではないんです。

【ワケその二】視聴者を『のんのん世界』に落とし込む『演出&美術』

『優しい世界観』に続く、アニメ『のんのんびより』の魅力は、『視聴者を「のんのん世界」に落とし込む「背景&美術」』

アニメ『のんのんびより』では、美術(アニメの背景などを描く)工程を、『草薙』という会社が担当。最近では、アニメ『このはな綺譚』『がっこうぐらし!』などの美術を担当していました。

この『草薙』さん。筆者は、「徹底したリアリティあふれる背景描写で、視聴者をアニメの世界観に落とし込むことに長けた」制作会社さんだと思っています。(筆者が思っているだけではなく、“草薙オタク”もいるほどです。)

また、『音』に注目すれば、イヤフォンから流れている音が現実のものではないか、と錯覚してしまうほどリアリティのある音が、視聴者を『のんのん世界』に引き込んでいる、ということも欠かせません。

夏には蝉の声、冬には雪を踏む音……。
ただ平凡なストーリーが続くだけならば、本でもマンガでも出来ますが、『音』や『美術』はアニメだからこそ表現できるもの。

そうした『演出&美術』が、『温かな物語』とハーモニーを生み出し、作品全体に、早すぎず、でも決してあくびの出るようなスローテンポでもなく、『心地の良いリズム』を生み出しているのではないかと思います。

『のんのんびより』は“見る”だけでなく“入り込める”作品だと思う

アニメという映像作品は、色々な考え方・楽しみ方があって然るべきだと述べた上で、筆者は、先に書いた、『一部の方に「日常系アニメ」はお話が平坦過ぎて途中で飽きる』と感じられてしまう理由は、視聴者自身がアニメを『見ている』ことにあると思っています。(本末転倒に聞こえてしまうかもしれませんが……笑)

『日常系アニメ』は、登場人物たちがのんびり楽しく暮らす日常の様子を見られることがもちろん何よりの魅力。

ですが『のんのんびより』は、作品を『見る』に留まらず、まるで自分が『のんのん世界』に入り込んで、一緒に自然豊かで、温かな世界を享受しているかのような感覚を視聴者に与えられるように作られています。
いわゆる『没入感』を、100%……いや、受け手側の捉え方次第で1,000%でも2,000%でも増幅出来るような、『徹底的に作り込まれた仕掛け』が、劇場アニメ化が決定するほどの人気につなげ、視聴者に(のんのんびより の世界に)「ただいま。」と言わしめるほど『のんのん世界』の住人(=ファン)を定着させたのではないだろうか、と筆者は改めて思いました。

そして、改めて、ただ『のんびり』しているだけではなく、見れば見るほど面白くなってしまうアニメ『のんのんびより』は、改めて最高のアニメ作品だ!!!!と思ったのです。

アニメ『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』8月25日、公開!

さて、ここまで取り留めのないお話を語らせていただきましたが、その『のんのんびより』がついに2018年夏、劇場アニメ化!

アニメ『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』が2018年8月25日に公開となります。
予想に過ぎませんが、劇場版前には、おそらく、ニコニコ生放送やニコニコ動画、AbemaTVなどの配信サイトで『無料一挙放送』もあるのではないかな、と思っています。(むしろ、KADOKAWAさん,配信サイトさん、お願いします!!)

また、Blu-ray&DVDなども発売されているほか、定額制配信サービス『dアニメストア』でもご覧いただけますので、まだ『のんのんびより』を見たことがない方も、劇場版が放映開始される前に、是非チェックしてみてくださいね。

頭を空っぽに、『のんのんびより』の世界を味わうのはもちろん、OP主題歌やED主題歌、美術などについても、調べたり、考えたりするほど面白くなる作品!既にご覧になった方も、劇場公開前にまた見返してみてください!

とりとめのないお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。(筆・竹取の翁)

<劇場版 公式サイト>http://www.nonnontv.com/
<公式Twitter>@nonnontv

©2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA