ドワンゴ、ギフティングサービス「Vギフト」を開始!誰でもVTuberになれるアプリ「カスタムキャスト」リリース

株式会社ドワンゴは、7月27日(金)に開催した「ドワンゴの VR 事業展開 記者 発表会」にて、VR ライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」内で使用できるギフティング機能「Vギフト」をはじめとした、今後の VR 事業展開について発表しました。

新設されたVR事業会社「株式会社バーチャルキャスト」

8月下旬には、ドワンゴと株式会社 S-courtが共同開発した、誰でも手軽に VTuber になれる無料スマートフォンアプリ「カスタムキャスト」(内部課金あり)もリリースされます。

配信者にバーチャルアイテムを贈れる「Vギフト」を開始!

バーチャルキャスト内へ V ギフトを贈った様子

「V ギフト」ラインアップ

ドワンゴとインフィニットループは、両社が共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を8月1日(水)にバージョンアップし、バ ーチャルキャスト内で配信者にバーチャルアイテムを贈ることができるギフティング機能「V ギフト」を開始します。「V ギフト」を使用して花束や打ち上げ花火など の3Dアイテムを生放送番組に贈ることで、視聴者も番組を直接的に盛り上げたり、配信者を支援することができます。配信者に贈られたギフトは、「クリエイ ター奨励プログラム」(※)のスコアに加算され、配信者はスコアに応じて奨励金を受け取ることができます。

「V ギフト」は同じく8月1日(水)より開始するニコニコ生放送の「実験放送」(PCブラウザ、iOSブラウザ、Android 用アプリ ※iOS アプリは後日リリース)で使用することができます。なお、ニコニコ生放送の実験放送では、バーチャルキャストを使用した番組以外でも配信者にアイテムを贈ることができる機能「ギフト」を8月上旬に開始予定です。

※niconicoの投稿作品の人気度に応じて、プレミアム会員収入および広告収入の一部を原資として奨励金(クリエイター奨励スコア)を支払う制度。

簡単に誰でもVTuberになれるスマートフォンアプリ「カスタムキャスト」をリリース!

ドワンゴと株式会社 S-courtが 共同開発した、誰でも手軽にVTuberになれる無料スマートフォンアプリ「カスタムキャスト」(内部課金あり)を 8月下旬にリリースします。

「カスタムキャスト」を利用すれば、誰でも気軽に VTuber になって番組配信することができます。キャラクターカスタマイズ機能には、 「ヘアスタイル」「フェイス」「ボディ」「コスチューム」「アクセサリー」など、数多くの設定項目を用意し、使いやすく直 感的なインターフェースで、手軽に、そして簡単に自分好みの可愛い美少女 VTuber を作ることが可能です。

また、機能のひとつである「フェイストラッキング」は、配信者の表情を読み取り、簡単に表情を付けることができます。その他にも AR 機能を使うことで、背景を現実世界にして配信したり、niconico の立体投稿共有サービス 「ニコニ立体」経由で VRM 形式の出力にも対応予定です(料金は未定)。

公式サイト http://customcast.jp/

8月1日から「バーチャルな夏休み特集」がスタート!

8月1日から VR 体験イベントや VTuber による生放送番組が楽しめる「バーチャルな夏休み特集」がスタ ートします。人気 VTuber「シロ」や「ときのそら」を迎えたトーク番組や、ユーザーが参加できる VR の体験放送 など、VR 関連の企画を多数用意しています。

2018年8月1日〜9月30日特設サイト:http://site.nicovideo.jp/virtual_natsuyasumi

「バーチャルキャスト」

サービス提供日 : 2018年4月13日(金)
対応配信先プラットフォーム : ニコニコ生放送 / YouTube Live / ツイキャス、Twitch / OPENREC.tv
公式サイト https://virtualcast.jp

※ 補足事項 : バーチャルキャラクターになるには VR ヘッドマウントディスプレイ(「HTC VIVE」「Oculus Rift」「Windows Mixed Reality」)が必要です。
※ 本サービスの物理同期やボイスチャットのリアルタイム通信を実現する為にモノビット社製『Monobit Unity Networking2.0』、 『VR Voice Chat』を採用しています。

(C)DWANGO Co., Ltd. / infiniteloop, Co., Ltd. All rights reserved.

19 comments

  1. 匿名

    結局それしかマネタイズする方法はないんですかね
    ちょっと気持ち悪いビジネスモデルだなあって思ってしまうのですが、
    考えた結果ここに行き着いたのでしょうし…

  2. 匿名

    「Vギフト」って、Visaの「Vプリカ」と紛らわしいから名前変えたほうがいいような…

  3. ねこあそび

    似たシスステムは多いけど、悪くないと思う。
    脊髄反射否定ニキが湧くと思うけど、サブカル文化を支えてくれる企業は希少。潰すんじゃなくて一緒に育てて、楽しむスタンスの人が増えるといいな。

  4. 匿名

    「VTuber」なんて言葉を平然と使ってる辺りもうプライドのプの字も無いんだなって

  5. ハムスター名無し

    粗製乱造って結果しか想像できんのですが…。良いものを作る人は「手鳥足取り」が無くても作る。

  6. 匿名

    ニコニコを離れていった人たちには明確な理由がある訳で・・・
    それを解決せず、新しいもので人を呼び寄せようとするのはいかがなものかと思います

  7. 匿名

    なんでYoutubeに流れる前提で物を作ってるのか、株主も呆れるわけだわ

  8. ryo爺

    ニコニコから人が離れていったのは結局配信者の収益化のしづらさによるもんだからね。
    高画質化しろとか、重いだとかの設備投資に金を割かなかったのはドワンゴ側の問題で、ユーザーが離れた直接的な原因とはちょっと違う。
    作る側は色んなストレスに晒されながら配信するけど、少しでも報われる要素は多い方がいい。

  9. 匿名

    これだしたKISSちゃんマジ有能 でもこれみてきゃっきゃしてるやつはどうかと思う

  10. 匿名

    そんなことよりニコる復活はよ。
    運営の金になって視聴者はそんなに面白くないことばっか優先やな。

  11. 匿名

    youtubeでもpixivでもクリエイターに還元をって流れの上、ニコニコが負けたのは収益の少なさだって声がでかい中で未だに金が絡むとどうのこうのとかいう輩が自分正しいみたいな物言いしてるの笑えるわ
    こういう自分の好き嫌いで偉そうにしてるやつのせいで色んなものが衰退するんだな

  12. 匿名

    ニコニコから人が離れてるのは収益もあるだろうけど
    それだけとかそれが主とかじゃないでしょー。
    まあ原因がなんであれここにいる理由が無くなったら
    視聴者は出てく。理由はそれぞれ~。

  13. 匿名

    わざわざオワンゴ経由でVtuberになるメリットなんて無いしyoutubeに媚びるしか生き残る術ないの?ほんと恥ずかしい

  14. トアール村の村民

    いろいろ言いたいことはあるが、スタージョンの法則を考えるとそもそも母数を育てることが重要。ここはねこあそびさんを支持する。

  15. おちんちん常習者

    オタ男子ならば中学生の頃に誰でも考え付くテクノロジーが今や実現しちまったんだから凄い。
    何で作らないの?とずっと思ってたけどやはりこうして商品として最初に形にした方々の努力には頭が下がる。
    あとニコる機能はプレミアム限定でもいいのでとりあえず復活させ金儲けの道具とするべきかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA