『はねバド!』OP「ふたりの羽根」歌う「YURiKA」が収録で意識した点は?【オフィシャルインタビュー】

現在好評放送中のアニメ『はねバド!』。心をアツくする重みのあるストーリーはもちろん、OPテーマ「ふたりの羽根」は、多くのアニメファンから大絶賛されています。

作品にあった躍動感が感じられる同楽曲を担当。話題のアニソンシンガー・YURiKAの、オフィシャルインタビューが公開されました!

『はねバド!』OPテーマアーティスト・YURiKAオフィシャルインタビューが公開

OPテーマ「ふたりの羽根」―私らしい素敵な曲をいただけたと思っています。

『はねバド!』の主題歌アーティストに決まったときの心境はいかがでしたか?

YURiKA―まず「私もバドミントンをやってみよう!」と思いました。オープニングテーマからバドミントンの躍動感が伝わってこなかったら作品の魅力まで薄れてしまうので、試合の重みを少しでも体感しておきたかったんです。

主題歌「ふたりの羽根」の印象を教えてください。

YURiKA―サビがキャッチーで一度聞いたら口ずさめるメロディになっていて、まさにOPテーマらしい楽曲ですよね。『はねバド!』のキャラクターは、綾乃もなぎさも心の奥底にはどこか影があって、その感じを匂わせながら「掴み取っていくぞ!」と上を向いている印象を受けました。元気で突き抜けた明るさも兼ね備えていて、私らしい素敵な曲をいただけたと思っています。

レコーディングで意識したことはありますか?

YURiKA―キーがとても高いのですが、歌いにくいという感覚はなかったですね。バドミントンはスピード感があるスポーツで、激しさの中には独特なしなやかさも含まれています。そういった要素を全身に取り込んで、綾乃たちの隣に寄り添う気持ちで伸びやかに歌いました。

今回は振り付けにもチャレンジしたそうですね。

YURiKA―はい。振付稼業air:manさんに付けてもらいました。私は歌っている最中も好き勝手に動き回るタイプなので、逆に動けなくなってしまうんじゃないかと心配していましたがそんなことはなかったです(笑)。振り付けはとても覚えやすかったですし、ファンの皆さんも一緒にやってくれて一体感も生まれるんです。ライブに来てくださった方には、振り付けも楽しんでほしいですね。

カップリング曲『#ザキャッチ』には「小ネタをたくさん仕込んでいて……」

アーティスト盤のカップリング曲「#ザキャッチ」はご自身のラジオ番組から生まれた楽曲です。どのような経緯でリスナーと曲を作ることになったのでしょうか?

YURiKA―4月から『YURiKATHE CATCH』というラジオ番組を持たせていただいたのですが、もともと私は文化放送のアニラジのヘビーリスナーでハガキ職人もしていたんです。ラジオはパーソナリティとリスナーの距離が近いところが好きなんですよ。毎週顔を合わせて盛り上がっているような楽しさがあって、皆さんと一緒に何かがしたくて曲を作ることにしました。

曲作りはどのように進みましたか?

YURiKA―最初に番組でデモ音源を公開して歌詞を募集しました。歌詞にはリスナーだけが分かる小ネタをたくさん仕込んでいて、たとえば「1134」は文化放送の周波数ですし、「18時」はラジオが始まる時間ですし、「チョロい女」というフレーズは私がコーナーでチョロいと言われてしまったことが由来です(笑)。コーラスもリスナーをスタジオに呼んだり、音源を募ったりして作りました。ライブ映えする曲に仕上がったので、皆さんの前で早く披露したいです。

Keyのゲーム最新作『Summer Pockets』では挿入歌「夜奏花」を担当されました。

YURiKA―デビュー前からKeyが大好きでしたから、その最新作に関われるなんて……。将来の夢ではあったのですが、私にとって遠すぎる存在だったので、まだその時期ではないだろうなと思っていたんです。本当に信じられませんでした。

Keyのどういった部分に惹かれているのでしょうか?

YURiKA―Keyの曲はシナリオライターさんが作詞を兼ねていることが多くて、作品との結びつきが非常に強いんですよ。私がKeyに触れたキッカケは、アニメ『CLANNAD AFTER STORY~』のOPテーマ「時を刻む唄」でした。Liaさんの歌声が綺麗なのはもちろん、詞も素晴らしかったのですが、本編を見ていなかったので分からない部分も多かったんです。そこでアニメを見たら隠されていた歌詞の意味が分かって「作品と歌が繋がるってこういうことなんだ!」と衝撃を受けました。そこからKeyが大好きになって、ゲームもすべてプレイしました。

ゲームをプレイして自分の歌声が流れたときはどんな気持ちでしたか?

YURiKA―その前に作品自体が面白くて、私の歌が流れることを忘れるぐらい熱中して楽しんでいましたね(笑)。ただ歌が流れたときは夢のような気持ちでした。最後のエンドロールに私の名前があって、ようやく現実なんだなと……。「夜奏花」はうみちゃんの大切なシーンに流れます。挿入歌はシーンと共にあるものですから、作品と一緒にいたいと思っている私らしいなと感じました。ぜひ『サマポケ』を楽しんでください。

YURiKA、念願の夢が遂に……8月28日「アニサマ2018」に出演!

そして828日にはAnimelo Summer Live 2018 “OK!”に出場されます。

YURiKA―アニサマの出場はラジオのサプライズで知ったんですよ。ゼネラルプロデューサーの齋藤(光二)Pが、リスナーとしてメールを送ってきてくれたんです。私は埼玉県蓮田市出身で、デビューしたころから言い続けてきた「埼玉には海も山もないけどアニサマがある!」という発言を齋藤Pが気に入ってくれたらしいです(笑)。

アニサマへの意気込みをお願いします。

YURiKA―中学生のころからお客さんとして参加していたので、あのサイリウムの海の中で私が歌うことに実感が湧いていないんです。それに今回は自分で掴んだ舞台だとはまったく思っていなくて、皆さんがチャンスを与えてくれたものだと感じています。だから来年も再来年も出演できるように、次に繋げるステージにしたいです。皆さんの期待を背負って頑張っていくので、今年の夏はYURiKAと駆け抜けましょう!

8月15日(水)には、ついにOPテーマ「ふたりの羽根」が発売!

まだまだ語り尽くせない、YURiKAのインタビュー全文は、公式サイト(http://yu-ri-ka.com/)にて掲載されています。ぜひご覧ください!

「ふたりの羽根」/YURiKA(TVアニメ「はねバド!」オープニングテーマ)

発売日:8月15日(水)

【アニメ盤】THCS-60219/¥1,300 (+税)/収録曲数4/1枚組/アニメ描き下ろしジャケット
【アーティスト盤】THCS-60220/¥1,300 (+税)/収録曲数4/1枚組/アーティスト撮り下ろしジャケット

アニメ盤とアーティスト盤でCW曲が異なります。

TVアニメ『はねバド!』作品概要

TOKYO MXほかにて、現在好評放送中!

放送情報

TOKYO MX:日曜 24:00~
関西テレビ:日曜 25:55~
BS11:日曜 24:00~
AT-X:日曜 24:00~
リピート放送:毎週(月)22:00/毎週(水)14:00/毎週(土)6:00(週1話ずつ4回放送)

イントロダクション

少女たちが飛んで、跳ねて、駆ける――
県立北小町高校バドミントン部の軌跡を描いた、マンガ「はねバド!」
(濱田浩輔/講談社『good!アフタヌーン』連載)が待望のアニメ化!!
運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける1年生「羽咲綾乃」。
日本一を目指し、日夜練習に明け暮れる3年生の「荒垣なぎさ」。
部を支える仲間やコーチ、そして個性溢れるライバルたち。
超高速で舞う羽根(シャトル)に想いを乗せて、青春バドミントンストーリー開幕!!

スタッフ

原作:「はねバド!」濱田浩輔(講談社『good!アフタヌーン』連載)
監督:江崎慎平(「モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ」監督、
「劇場版宇宙兄弟」助監督)
シリーズ構成:岸本卓(「ハイキュー!!」「僕だけがいない街」シリーズ構成)
キャラクターデザイン:木村智 (「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」キャラクターデザイン、「ラブライブ!」作画監督)
音響監督:若林和弘(「もののけ姫」「さよならの朝に約束の花をかざろう」音響監督)
音楽:加藤達也 (「Free!」「ラブライブ!サンシャイン!!」音楽)
アニメーション制作:ライデンフィルム(「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」、「アルスラーン戦記」アニメーション制作)

キャスト

羽咲綾乃:大和田 仁美
荒垣なぎさ:島袋 美由利
泉理子:三村 ゆうな
藤沢エレナ:小原 好美
コニー・クリステンセン:伊瀬 茉莉也
志波姫唯華:茅野 愛衣
芹ヶ谷薫子:下田 麻美
石澤望:櫻庭 有紗
立花健太郎:岡本 信彦
太郎丸美也子:小松 未可子
羽咲有千夏:大原 さやか ほか

公式サイト:http://hanebad.com
公式Twitter:@hanebad_anime

©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。