アニメ『ゆるキャン△』聖地巡礼レポート(4)本栖湖周辺キャンプ場めぐり 編

2018年1月よりTVアニメ『ゆるキャン△』が放送!

TVアニメ続編に加え、劇場アニメの制作も決定しているアニメ『ゆるキャン△』放送から1周年を記念して、JMAG NEWSでは、思い出の“聖地(ロケ地)”を巡る『聖地巡礼』レポート特集を、シリーズ形式で連載!

古き良き日本の雰囲気を堪能した【第3回】身延町 編に続いて、今回は

ゆるキャン△  聖地巡礼シリーズ【第4回】本栖湖周辺キャンプ場めぐり!!

しかしここでまさかのハプニング発生……!?

TVアニメ『ゆるキャン△』放送1周年記念!聖地巡礼レポート(4)本栖湖周辺キャンプ場めぐり

聖地巡礼をする際のお約束

アニメ『ゆるキャン△』の舞台となっている地域は、キャンプ場を含め、観光客や地元住民の方も非常に多く訪れている地域です。

自分以外の人にも気を配り、自然を大切にしてこそ一流のキャンパー!

ケガなどで楽しい聖地巡礼が台無しになってはいけませんので、聖地巡礼をする際には、まず身の回りの安全を確認した上で楽しんでくださいね♪

皆さんそれぞれの聖地巡礼が、素敵な思い出になりますように…!

身延町を出発!しかし……

山梨市~四尾連湖~身延町と巡ってきた取材班。

秘湯のおかげで心も体も癒やされた取材2日目はいよいよ“キャンプ場”の取材!

「富士山の全景を撮るぞ~!」と意気込むも……。

あいにくの大雨。

三日前までは晴れの予報だったのですが……「山の天気は変わりやすい」という事を痛感した一行でした。

―しかしせっかく山梨まで来て、取材せずに帰るわけには行かない!

キャンプ場巡りへ出発です♪

とんでもない霧の濃さ。

山間部は特にこういった天候にもなりやすく、視界がほぼボヤケてしまうこともしばしば。

聖地巡礼の際には要注意です!

『よし!いざ第一の目的地「本栖湖」へ!』

……とキャンプ場を巡ったものの、時間が経てば経つほど天候は悪化。

ここからは、かなり念入りに『確実に晴れ!』の日を調べ上げてピンポイントの日に改めて取材へ行った際の写真と共に、キャンプ場めぐりを振り返っていきたいと思います。

(悪天候の日の写真が流れてしまうのは悲しいので、ところどころご紹介します……。)

本栖湖 浩庵キャンプ場

まずはじめに向かったのは、TVアニメ『ゆるキャン△』1話『ふじさんとカレーめん』にて、なでしことリンが出会ったキャンプ場『本栖湖 浩庵キャンプ場』。

店内では飲食も出来るほか、カップ麺などの商品も揃っており、なんと『ゆるキャン△』のグッズまで販売されています♪

『ゆるキャン△ ~カレーめん~』を食べながらキャンプを楽しむのも楽しそうですね!

第1話にて、冬の寒空の下、なでしこが寝ていたトイレ前のベンチ。
本当に寒いので要注意…。

リンが自転車で通っていた小道。

残念ながら富士山の全貌はお目にかかれず……。
ですが、“空気は美味しい!景色が綺麗!落ち着いた雰囲気!”と、最高のロケーションです。

ちなみに、初回の取材では……。

取材スタッフの「雲と霧に包まれた本栖湖もかっこ良い……!」というポジティブな感想が、少し哀しく響くのでした……。

ふもとっぱら

続いて向かったのは、TVアニメ『ゆるキャン△』2話「ようこそ野クルへ!」、3話「ふじさんとまったりお鍋キャンプ」にて、「麓キャンプ場」として登場したキャンプ場『ふもとっぱら』。

ふもとっぱら は、“キャンパーの聖地”としても有名で、眼の前にそびえ立つ富士山は見る者を圧倒させる程の大迫力。

『顔』みたいな建物。

リンが『がおーっ。』と口にしながら見つめていた置物。

アニメでも登場していた野外キッチン。子供の頃の林間学校を思い出しますね。

“顔”も“置物”も“キッチン”も、並べて見ると、どちらが写真でどちらがアニメの美術カットなのか分からない程丁寧な描写になっていることがわかります。

『ふもとっぱら』のが登場した2話は、特にたくさんの建物が描かれていますので、聖地巡礼が楽しいですよ♪

ちなみに初回の取材では……。

大雨にもかかわらず楽しそうなキャンパーさん方。

「自然の中で生きる」感がステキ……!

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ

最後のキャンプ場の巡礼スポットは、TVアニメ『ゆるキャン△』第11話『クリキャン!』、第12話『ふじさんとゆるキャンガール』に登場した「富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」。

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ様 提供

「富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」の敷地面積は、なんと13万坪!

東京ビッグサイト「東展示棟2個分」もの広さ。天気の良い日には、富士山だけでなく、伊豆半島,駿河湾と、様々なロケーションを楽しむことができ、キャンプの準備前に敷地をウォーキングするだけでも楽しめそう♪

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ様 提供

また、テント泊の他にも自然を満喫しながらのんびりと疲れを癒やせる浴場や、オールシーズンでアウトドアを満喫出来るログキャビン、キャンプファイヤー場など、設備も豊富!

ソロキャン少女も、みんなで楽しく賑やかキャンパーも……!色々な楽しみ方が出来そうですね!

ちなみに、YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジのスタッフさん、素敵なお写真をご提供くださり、ありがとうございます!

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ様 提供

まかいの牧場

『富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ』さんのすぐそばには、アニメ『ゆるキャン△』11話『クリキャン!』にて、千明とあおいが食べていた“牧場スイーツ”を堪能できる『まかいの牧場』さんが。

今回は、千明が食べていた(と思われる)『抹茶&ラムレーズン』をいただきます。

―これはまさに“牧場スイーツ”だ!!!!!!

舌にずっしりとのしかかる牛乳の濃厚さ。
クリーミーという言葉では言い表せないほど高級感のあるミルクに、酸っぱいラムレーズンの相性がバツグン!

下に隠れている抹茶も、『抹茶アイス』というものの概念を覆すかのような深い味わいに。
柔らかい舌触りから、染み渡っていくような奥深い抹茶のコクが堪りません。

お店では、この他にもたくさんのメニューが提供されており、やはり、フルーツを使用したアイスなどは特に人気なんだとか♪

いろいろなアイスを召し上がってみて、『マイ・ベスト“まかいの牧場スイーツ”』を発見してみてくださいね!

【スポット紹介】ゆるキャン△ 聖地巡礼シリーズ(4)本栖湖周辺キャンプ場めぐり

浩庵キャンプ場

お問い合わせ先:
【TEL】0556-38-0117(8:00〜20:00)
【FAX】0556-39-0703
【Mail】kouan@mx6.nns.ne.jp

公式サイト:
https://kouan-motosuko.com/index.html

ふもとっぱら

お問い合わせ先:
【TEL】0544-52-2112(08:30〜17:00)
【FAX】0544-52-2113

公式サイト:
https://fumotoppara.net/

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ

お問い合わせ先:
【TEL】0544-54-1151
【FAX】0544-54-1158

公式サイト:
https://www.yokohamaymca.org/facility/fujisan-global/

Facebook:
https://www.facebook.com/fujisanymca/

まかいの牧場

営業時間:
10:00〜18:00(冬季17:00まで)
店内飲食16:30まで(冬季15:30まで)
16:30〜テイクアウトのみの提供
(冬季は15:30〜テイクアウトのみの提供)

お問い合わせ先:
【TEL】0544-54-0342(9:00〜18:00)
【Mail】info@makaino.com

公式サイト:
https://www.makaino.com/

※本記事は、JMAG NEWS編集部の取材に基づいて執筆されたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。