アニメ『盾の勇者の成り上がり』第7話「神鳥の聖人」【感想】遂に来た!お風呂回!

現在好評放送中のTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』。第7話「神鳥の聖人」は『ラフタリアの恋愛脳』や『ラフタリアとフィーロは仲良し』が好印象な回でした。そしてついに温泉!その温泉には一緒に入った男女は結ばれるという効能が……。

そんなTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第7話「神鳥の聖人」を改めて振り返りつつ、感想を綴ります。

※この記事には【ネタバレ】を含みます。ぜひ、TVアニメをご覧になった後にご覧ください!

アニメ『盾の勇者の成り上がり』第7話「神鳥の聖人」【振り返り】

植物に侵食された村

南方の村へ大量の除草剤の搬入の仕事を頼まれた尚文。村に着くとそこは植物によって埋め尽くされていた。

村人はこう語った。

飢饉に悩まされた村の為に、槍の勇者がある「種子」を持ってきてくれた。最初は実がなり、飢饉は解消されたものだと思ったが、成長が止まらず暴走。対処しようとしたが、植物が魔物化して襲ってくるため手出しができない、と。

困っている村人たちが、フィーロ(鳥)が言葉を話しているのを目撃。尚文たちは病気を治す行商ということが知られ、植物に体を寄生された村人たちを治すことに。

村人を治した尚文は一刻も早く村を出ようとするが、村人たちから村を救ってほしいとお願いされ、しぶしぶ植物の魔物退治をすることになった。

植物退治

植物の魔物を退治することになった尚文たち。三人の連携で魔物の核への攻撃が成功するが、異常な再生能力のためすぐに修復され、少しいがみ合っていたラフタリアとフィーロの連携ミスにより、ラフタリアが捕らえられてしまう。

除草剤を使ったが大した効果は得られず、ピンチに陥ったが、それを見た尚文は、自分の薬効果上昇のスキルを思い出し、尚文自らが除草剤を魔物にかけることによって、あっという間に魔物は枯れ果て、倒れてしまった。

尚文は新たに「植物改造」スキルを手に入れ、魔物からなっていた種子を採取し、村に戻りすぐに眠ることに。

温泉にて一休み

植物改造スキルによって、魔物から採取した種子を使い、繫殖力、変異性を抑えた上で、生産力、成長力を上げ、魔物化しない植物を村に施した。報酬に大量の実をもらうも、使い道に困った尚文たちはアクセサリー商人に交渉して売ることに。そこで商人から一つ、運びの仕事を頼まれ、温泉宿のある町へ赴く。

仕事を済ませた後、温泉に入りたそうなラフタリアとフィーロを見て、その夜はここで泊まることにした。尚文にくっついてばかりのフィーロを見て焦りを見せたラフタリアは、尚文に振り向いてもらえるよう贈り物をしようと決心。恋愛成就が叶うと噂されている鉱石「ラチウム」を取りに行くため、夜中にこっそりと一人で山へ行くことにした。

尚文への贈り物

一人で来たつもりが、フィーロも尚文に贈り物をしようと考えていて、二人で競争する形になってしまった。注意せず進むフィーロが足を滑らせ、崖から落ちそうになり、手を取り助けようとするが、二人とも落ちてしまう。

二人の落ちた場所にクッションがあり、助かったと思ったが、それはクッションではなく、猪の魔物だった。怒った猪の魔物に追いかけられる二人。フィーロと協力し、なんとか撒いた後、探索の末ようやく二人の目当ての物がある「ガゴッコ」という鳥の魔物の巣を見つける。

慎重に進むが気づかれてしまい、大声で鳴かれ、猪の魔物に駆けつけられてしまった。巣は猪の魔物に粉砕され、目当ての物を台無しにされた二人は、怒りながら猪の魔物を討伐するのであった。

仕方なく討伐した猪の魔物を持ち帰るが、町に着くと、町の人から祭りの供物に使うため売ってほしいと言われ、二人は売ったお金で尚文に金属細工の道具をプレゼントした。喜んでもらえた二人は尚文に風呂に入ってこいと言われ、仲良くお風呂へ向かうのであった。

アニメ『盾の勇者の成り上がり』第7話「神鳥の聖人」感想

来ました!温泉回!

今回の話はとてもほっこりする話でしたね。魔物退治もそんなに苦労することなく、特に悩まされる展開もなく、少しコメディ要素が含まれた回でした。

そしてここでまさかの温泉回。意中の人と入れば恋愛が成就すると言われる温泉に、一緒に入りたがっていたラフタリアが超可愛くて………。一人で「ダメです。尚文様」とかの芝居をやっている姿はたまらなかったですね。

フィーロに先をこされ、頬を膨らました姿もあり、ラフタリア推しの方にとって、今回は神回だったでしょう。

なんだかんだ仲良し

植物の魔物退治でラフタリアとフィーロは、うまく連携がとれず、お互いが邪魔だと思ったり、ラフタリアが捕らえられて笑ったり、種子を採取している時も喧嘩したりなど、少し険悪なムードが流れていましたが、尚文へのプレゼント収穫で完全に仲直りし、二人で協力する姿は見ていてとても安心できましたね。

尚文のパーティーはこれから何人になるかわかりませんが、完全な主従関係ではなく、こういうほんわかした主従関係がいいですね。プレゼントをもらった尚文はとても嬉しかったと思います。心から良かったね、と思える回でしたね。

こんな回が続けばいいのに……

今回は見ていてとても心温まる回でした。こんな回がずっと続けばいいのに……と思います。しかしそうはいきません。波の刻も近づいてきていますし、槍の勇者が前のやられたままで終わるとは思えないので、仕返しにくるかもしれないし、これから新たに尚文たちを苦しめる展開があるかもしれません。

でも団結力が高まった三人ならどんな苦難も乗り越えてくれると信じています。次の第8話コラムに期待して下さいね。

(文=CLそら

アニメ『盾の勇者の成り上がり』概要

スタッフ

原作:アネコユサギ(MFブックス『盾の勇者の成り上がり』/KADOKAWA刊)
原作イラスト:弥南せいら
監督:阿保孝雄
シリーズ構成:小柳啓伍
キャラクターデザイン・総作画監督:諏訪真弘
デザインリーダー:高倉武史
デザインアシスタント:和田慎平
モンスターデザイン:森 賢(ぎふとアニメーション)
アクション設計:黒田結花
プロップデザイン:杉村絢子
色彩設計:岡松杏奈(キネマシトラス)
ビジュアルアドバイザー:増山 修(インスパイアード)
美術:木下晋輔(インスパイアード)、西口早智子(インスパイアード)、明石聖子(スタジオ・ユニ)
3DCGディレクター:越田祐史(オレンジ)
2Dアーティスト:hydekick
モーショングラフィックス:上村秀勝(サブリメイション)
撮影監督:梶原幸代(T2スタジオ)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響制作:グロービジョン
音響監督:郷文裕貴(グルーヴ)
音楽:Kevin Penkin
音楽プロデューサー:飯島弘光(IRMA LA DOUCE)、植村俊一(日本コロムビア) 
アニメーション制作:キネマシトラス

CAST

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
天木 錬:松岡禎丞
北村元康:高橋 信
川澄 樹:山谷祥生

公式サイト http://shieldhero-anime.jp
公式Twitter @shieldheroanime

(c)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA