劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』初日舞台挨拶開催決定!キャスト陣より意気込みコメント到着!

2016年4月〜6月フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送され、圧倒的な映像美と迫力のバトルアクションで話題を呼んだオリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』。その後、総集編映画、ソーシャルゲームと展開し、完全新作となる劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が2019年春より、劇場上映します。

この度、甲鉄城チームのキャスト陣より、上映を目前に控えての意気込みコメントが到着しました!さらに、5月10日(金)初日には、豪華キャスト登壇の舞台挨拶の実施も決定!チケット発売詳細などは以下をご確認ください。

甲鉄城チームのキャストより、意気込みコメント到着!

(上段)左より吉備土(きびと):佐藤健輔/侑那(ゆきな):伊瀬茉莉也/鰍(かじか):沖 佳苗/巣刈(すかり):逢坂良太
(下段)左より菖蒲(あやめ):内田真礼/生駒(いこま):畠中 祐/無名(むめい):千本木彩花/来栖(くるす):増田俊樹

生駒:畠中 祐  


心底嬉しいです。この作品に携われて、この人達に出会えて、そして、生駒に出会えて、本当に幸せだったなと、心から思えたそんな映画になりました。だから、そこに全部ぶつけてやるんだって気持ちで演じました。そんな大切な大切な映画です。いろんな人と共有したい。だから皆様、本当に観てください。よろしくお願いします。

無名(むめい):千本木彩花


遂にカバネリの完全新作が劇場で上映されます!久しぶりに『カバネリ』に触れて、「あぁ戻ってきたなぁ」と心底感じました。3年前なにも分からなかった私に無名は沢山のことを教えてくれました。今回は無名の隣を歩けたのではないかと思います。テレビシリーズを見てくれていた方も初めての方も、楽しめる作品になっていると思います!よろしくお願いします!

菖蒲(あやめ):内田真礼

甲鉄城のカバネリ、ついに動き出しました!彼らの物語は続いています。テレビアニメの中で語られた記憶は熱を絶やすことなく、今も繋がっています。わたしが演じた菖蒲も、可憐にそして凛々しく!描かれています。ぜひ、劇場でこの熱さを感じてください!

来栖(くるす):増田俊樹

来栖役、増田俊樹です。本作はアニメシリーズ「甲鉄城のカバネリ」の続編で、彼らのその後が描かれており、新たな困難、試練を前に成長を遂げながらも葛藤し戦う彼らの姿に胸打たれます。戦闘だけではなく、それぞれが心通わすストーリーも必見です。是非会場に足を運んでください。

鰍(かじか)沖 佳苗

「海門決戦」は新作でありながらいい意味で”おかえり感”がないところが見どころではないでしょうか。テレビで描かれた以降の物語はやはりカバネとの死闘が待ち受けていて…生死をかけることが日常になっているのは変わらないのです。
そんな中で小さな幸せが未来へ進む希望になる繊細な心情を感じていただけたらと思います。

侑那(ゆきな)伊瀬茉莉也

侑那役の伊瀬茉莉也です!いよいよ公開が迫ってきました!「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」劇場のスクリーンで観れることに私も興奮しています!!変わらぬ熱量、大満足の仕上がりになってるに違いありません!!どうぞ楽しみにしていて下さい!!

巣刈(すかり)逢坂良太

続編のお話をいただいた時は本当に嬉しかったですし、収録がいつあるんだろうとワクワクしながら待っていました。久々に皆さんが集まった現場は、懐かしくもありながらもすぐにまたワイワイとした雰囲気になったのを覚えています。それでも本番になると緊張感が走り、すごくいいものができたと思うので、是非いろんな方に見ていただきたいなと思います。

吉備土(きびと)佐藤健輔

いよいよ観られるのですね!誰よりも、私たちキャスト含めた作り手が、早く観たいと待ち望んだ作品です。またあの世界に帰れる!いや怖いんで現実には勘弁して!! でも映画館なら!!!六根清浄ーー!!!!!

劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』初日舞台挨拶

日程:5月10日(金)
場所:新宿ピカデリー
時間:①18:00開始 上映後舞台挨拶/②20:30開始 上映前舞台挨拶
登壇者:畠中 祐、千本木彩花、増田俊樹、三木眞一郎、荒木哲郎(監督・脚本)予定
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
料金(税込):2,000円※ 別途手数料あり
発売情報
【プレリクエスト先行(抽選)】※事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。
・エントリー期間:4/16[火]18:00~4/23[火]23:59
・当落発表:4/26日[金]15:00
・受付方法:WEB/モバイルにて≪URL:https://l-tike.com/kabaneri-movie≫(PC/モバイル/スマホ)
・決済方法:クレジット決済のみ
・引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
・申込枚数制限:お1人様 2枚まで
・手数料:594円/1枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円、先行予約サービス料270円)
【一般発売(先着)】※プレリクエスト先行販売にて完売となりました場合は、実施いたしません。
・受付期間:4/26[金]18:00~ ※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
・受付方法:WEB予約≪URL:https://l-tike.com/kabaneri-movie≫(PC/モバイル/スマホ)
Loppi直接購入(ローソン・ミニストップ店内設置/Lコード入力にて購入)
・決済方法:WEB予約→クレジット決済のみ
Loppi直接購入 →店頭決済のみ(レジにてクレジットカードも使用可能です。)
・    Lコード: 33083
・枚数制限:2枚まで
・手数料:WEB/モバイル→324円/1枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円)
Loppi直接購入→店頭発券手数料108円/1枚
【劇場一般販売(先着)】先行抽選販売、ローチケ一般販売で完売となった場合は実施いたしません。後日詳細を発表いたします。
≪チケット販売に関するお問合せ≫
ローソンチケットインフォメーション(10:00~20:00) 0570-000-777

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』

INTRODUCTION

その旅路の先に、新たな運命(さだめ)

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった-。

メインスタッフ

監督・脚本:荒木哲郎
構成 大河内一楼
キャラクター原案:美樹本晴彦
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:江原康之
サブキャラクターデザイン:尾崎智美 山内遼
コンセプトアート:よー清水 森山洋
デザインワークス:形部一平 胡拓磨 村田護郎
プロップデザイン:常木志伸 吉川真一 西原恵利香
美術デザイン:平澤晃弘 谷内優穂 杉本智美
メイクアップアニメーター:中愛夏 三田遼子
美術監督:吉原俊一郎
色彩設計:橋本賢
3D監督:廣住茂徳 今垣佳奈
撮影監督:山田和弘
編集:肥田文
音響監督:三間雅文
音響効果:倉橋静男 山谷尚人
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:WIT STUDIO
制作:カバネリ製作委員会
配給:松竹メディア事業部

キャスト

生駒(いこま)畠中 祐
無名(むめい)千本木彩花
菖蒲(あやめ)内田真礼
来栖(くるす)増田俊樹
鰍(かじか)沖 佳苗
侑那(ゆきな)伊瀬茉莉也
巣刈(すかり)逢坂良太
吉備土(きびと)佐藤健輔

<公式サイト> http://www.kabaneri.com/
<公式Twitter> https://twitter.com/anime_kabaneri

©カバネリ製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA