「京都アニメーション爆発火災」これまでの情報をまとめます|33名死亡を確認 制作アニメにも影響

18日午前10時半過ぎ、京都市伏見区の老舗アニメーション制作会社「京都アニメーション」スタジオの建物内で、男がガソリンのような液体をまいて火をつけ、爆発的な火災が起きた事件で、消防は、33名の死亡を発表しました。

18日10時の出火から、当日の消防最終報までに確認されている情報をまとめてお伝えします。

【京都アニメーション爆発火災】世界から愛される制作会社で一体何が

【18日|10時】爆発的な火災が発生

18日午前10時半過ぎ、京都市伏見区のアニメーション制作会社「京都アニメーション」スタジオの建物内で、男がガソリンのような液体をまいて火をつけ、爆発的な火災が発生。

男はそのまま建物から立ち去り、現場から離れたところでへたりこんでいる所を警察に確保されました。火災現場からは刃物も見つかりました。

【18日|15時】5時間もの消火活動の末鎮火

火災は、5時間近くの消火活動の末、午後3時19分にほぼ鎮火しました。

【18日|21時すぎ】33名が死亡、36名が重軽傷(消防発表)

21時すぎ、消防は18日中最終の会見を実施。
消防によりますと、出火当時、建物内にはおよそ70名がいたと見られており、33名が死亡、36名が重軽傷とのこと。

死亡者の性別内訳は、男性12名、女性20名、不明1名
亡くなっていた場所の内訳は、1Fに【2名】、2Fに【11名】、3Fと3Fから屋上に続く階段で【20名】だとしています。

【なぜ犯行に】犯人は41歳男、社員ではない

警察によると、犯人は41歳の男と見られており、容疑を認めています。

また、男は「京都アニメーション」の社員ではなく、会社との関係は分かっていませんが、病院で手当を受けた後、現在は麻酔で眠っていることから18日中の取り調べは難しいとのことです。

また、男は、現場からおよそ500メートル離れたガソリンスタンドにて40リットルのガソリンを購入したことが分かっています。

「京都アニメーション」とは?

京都アニメーションは、京都府宇治市に本社を構える老舗アニメーション制作会社。本社の他に、2つのスタジオを構えています。

アニメ「けいおん!」や、「氷菓」「聲の形」など、世界的大ヒット作を手がけており、日本でも少ない、自社内で制作過程のほとんど担っている企業の一つでもあることから、“京アニ”ブランドとして知られています。

緻密で丁寧なクオリティは国内だけではなく、海外からも熱く人気を集めており、海外のアニメファンらからも“KyoAni(京アニ)”の愛称で知られています。

また、昨冬NETFLIXほかにて全世界で配信され、世界中から絶賛の声を呼んだアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場上映化も、2020年1月に決定しているなど、近年ますます注目度の高まるアニメーション制作会社の一つとなっています。

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ビジュアル
©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

「京都アニメーション」作品への影響は

個別作品に及ぶ影響の詳細については発表されていませんが、2019年7月5日(金)より現在放映中の「劇場版 Free!-Road to the World-夢」では、翌 19日(金)から本編最後に放映される予定の予告編「『2020 夏』続報<TO BE CONTINUED>」の公開中止が決定。

「京都アニメーション」制作で、今後放送が予定されている作品の中には、アニメ「小林さんちのメイドラゴン(第2期)」や、アニメ「響け!ユーフォニアム(久美子3年生編)」などがあり、今回の事件では、多数の死亡者が確認された上、資料や原画等も置かれている第1スタジオが火災で被害を受けたことから、“京アニ”作品への影響は免れないものと想定されます。


亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、
一日も早い経緯の究明を切望いたします。(JMAG NEWS編集部)

1 comment

  1. もつと

    原画などの資料やPCに残されたデータも全て消失してしまったそうです。甚大な被害。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。