55万人を支えるコミケの名脇役を語り尽くす!『紙資料から見るコミックマーケット展』開催へ

明治大学 米沢嘉博記念図書館1階展示室にて2019年9月6日(金)~2019年11月4日(月・祝)に、『紙資料から見るコミックマーケット展』の開催が決定しました。

日本のマンガのバラエティ豊かな創作の源として、またマンガだけにとどまらず、文章、音楽、ゲームなど、多くの表現の場である同人誌即売会「コミックマーケット」。1回の開催で参加者のべ55万人が集まるこの巨大イベントでは、毎回1,000ページを超える厚い冊子版カタログ、細かなジャンル分けがなされたサークル参加申込書セットなど、様々な書類、冊子が生み出されています。時代に寄り添い柔軟に変化してきたこれらの膨大な紙資料は、いまやそれなくしては参加も運営も成り立たないほどの、コミケの名脇役です。

コミックマーケット創設者のひとりであり、第2代代表を長く務めた米沢嘉博氏所蔵の資料のほか、様々な貴重資料を元に、このイベントがいかに育ち今に続いてきたかを、紙資料から読み解きます。

『紙資料から見るコミックマーケット展』

会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
期間:2019年9月6日[金]~2019年11月4日[月・祝]
詳しくは公式サイトをご確認下さい。https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-kamicomiket.html
※火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)
※特別整理などで休館する場合があります。
※当館HPで確認、または開館日時に電話にてお問い合わせください。

コミックマーケットについて

1975年12月第1回コミックマーケットが開催され、2019年8月の開催で96回目を迎えた。自主制作した冊子(同人誌)などを持ち寄るほかに、現在はコスプレや企業ブースなど参加者の楽しみ方も多彩である。いち民間団体主催では日本最大の屋内イベントであり、同人誌即売会としては世界最大の規模。海外からの参加者も多い。日本独自のマンガ文化を支えるゆりかごの役目を果たしている。

米沢嘉博 (1953~2006)について

(よねざわ・よしひろ/マンガ評論家・コミックマーケット準備会前代表)
1953年3月21日、熊本県熊本市生まれ。明治大学在学中より批評集団「迷宮」の活動に参加。ライター・編集などを経て、マンガ評論を中心に大衆文化関連の評論を行う。『別冊太陽・発禁本』が1999年第21回日本出版学会学会賞、『藤子不二雄論 FとAの方程式』で2002年第26回日本児童文学学会賞を受賞。2006年没。2007年星雲賞特別賞、マンガ研究の基礎資料の収集と評論活動などの幅広い業績に対して2010年第14回手塚治虫文化賞特別賞、『戦後エロマンガ史』で2011年第24回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞(早乙女貢基金)を受賞。
1975年第1回コミックマーケット創立メンバーの一人。1980年から2006年までコミックマーケット準備会代表を務め、現在の同人誌即売会コミックマーケットの理念を形づくった。

関連トークイベント

ギャラリートーク「紙資料からコミケを読み解く」

日時:期間中毎週金曜日18:30-19:00
場所:米沢嘉博記念図書館 1階展示室
料金:無料
米沢嘉博記念図書館司書が展示のみどころをご案内します。

トークイベント「コミケの紙モノを語る ~申込書からダンボール箱まで55万人を支える秘訣~」

概要:コミックマーケット準備会共同代表の安田かほる、筆谷芳行、市川孝一の三氏をお招きし、コミックマーケットを支える紙資料の多様さと、その紙モノたちが円滑なイベントの実施にどのように影響しているか、これまでのエピソードを交え、発展の様子を語っていただきます。

出演:安田かほる、筆谷芳行、市川孝一
日時:9月28日(土)16:00-17:30
場所:明治大学リバティタワー12階 1123教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)(定員109人)
料金:無料
※整理券をお持ちでない方はご入場いただけません。
整理券は当日12:00より、米沢嘉博記念図書館1階展示室にて配布開始、
15:30からは会場(明治大学リバティタワー12階 1123教室)前にて配布いたします。
※整理券は定員になり次第、配布を終了いたします。
※整理券はお一人様1枚のみのお渡しです。
※整理券配布終了後にキャンセル待ち、立ち見のご案内はありません。

安田かほる (やすだかほる)


コミックマーケットには第2回から参加。1970年代よりコミックマーケット準備会にスタッフとして活動。
東京ビッグサイト移転後の企業ブースの立ち上げに尽力。2006年9月より準備会共同代表、2013年4月に有限会社コミケット取締役となる。

筆谷芳行 (ふでたによしゆき)


明治大学経営学部卒。在学中は漫画研究会に所属。1980年代よりコミックマーケット準備会に参加。80年代にカタログ編集長として現在のカタログの骨格を作る。
2006年9月より準備会共同代表となる。本職は老舗出版社のマンガ雑誌編集者。

市川孝一 (いちかわこういち)


1980年代よりコミックマーケットを中心に、様々な同人誌即売会の運営・立ち上げに携わる。
コミックマーケット準備会では、主に館内での参加者対応・安全管理とサークルに関する全般的な業務で活動してきた。2006年9月より準備会共同代表となる。

詳しくは公式サイトをご確認下さい。https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-kamicomiket.html

© Meiji University,All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。