『ヒロアカ』史上初!「ウインドオーケストラコンサート」開催レポート!

既刊24巻で早くもコミックスシリーズ累計発行部数2300万部を突破!「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平氏による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』。その“ヒロアカ”TVアニメの待望の第4期シリーズが、10月12日(土)より毎週土曜夕方5時30分、読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット(※一部地域を除く)にて放送スタート。さらに、劇場版最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』が12月20日(金)に全国ロードショー。

緑谷出久役の山下大輝さんと、轟焦凍役の梶裕貴さんが登壇!

8月31日(土)に、東京文化会館大ホールにて、ヒロアカ史上初となるコンサートイベント<アニメ「僕のヒーローアカデミア」ウインドオーケストラコンサート>が開催されました。アニメ「ヒロアカ」本編を彩る劇中曲から厳選された楽曲たちを吹奏楽<ウインドオーケストラ>で生演奏。さらに、トークコーナーでは、ヒロアカ劇中音楽の作曲家・林ゆうきさん、ヒロアカキャストから緑谷出久役の山下大輝さんと、轟焦凍役の梶裕貴さんが登壇し、作品や音楽に関するトークを行いました。

▲左から)梶 裕貴(轟役)、山下大輝(出久役)、林ゆうき(音楽)、横山 奏(指揮者)

コンサートは、No.1ヒーローのオールマイトをテーマにした楽曲「私が来た!!」の演奏で幕が上がりました。オーケストラによる壮大で迫力あふれる生演奏で「ヒロアカ」の世界観がさらなる深みを持って表現されます。観客からの大きな拍手の中、本作の音楽を手掛ける林ゆうきさんが登壇し「こんなに大きな会場で、たくさんのお客様に自分の作った曲を聴いてもらえることがとても嬉しいです。」と喜びをこめて挨拶しました。また、本作のキャストを務める山下さんと梶さんの2人も登壇し「素晴らしかったです。とても感動しました。オールマイトの姿が目に浮かぶようです。」と、感激した様子で演奏を聴いた感想を語りました。「ヒロアカ」の楽曲は、物語にあわせてテンポをとても速くするなどメリハリのある曲調が多いため、林さんは、最初にオーケストラコンサートの話を聞いた際、生演奏で実現できるのか不安だったことを明かしました。しかし、今回、リハーサルで楽曲を聴き、「とても素晴らしい編曲に仕上がりました。」と嬉しい様子で感想を語りました。

数々の重厚な楽曲で多くの観客を魅了!

続いて、雄英高校の学園生活をイメージした明るく力強い曲調の「雄英高校」や「明るく元気に」など、日常を彩る楽曲を演奏。さらに、「平和の象徴」「PLUS ULTRA」など、重厚な楽曲に多くの観客が魅了されました。

第1部後半では、「ヒロアカ」の物語を盛り上げる戦闘シーンをイメージした迫力の楽曲が次々と演奏され、林さんは、自身の思い入れのある曲として「My Hero Academia」と「君はヒーローになれる」を紹介。この2曲に関しては、何度も聴き返すほど気に入っており、今回、コンサートで改めて聴くことができ、とても感激したと語りました。

出久の心情を表現した曲「You Say Run」の制作秘話が語られる場面も

また、「ヒロアカ」のメインテーマとなる「You Say Run」については、“自身の代表曲”とコメント。楽曲に込めたテーマとして、「出久の心情を表現した曲で、曲の始めは静かで、ヒーローを目指すための気持ちや葛藤といった心のうねりを表現しており、彼が走り出す瞬間はデクがヒーローを真っすぐに目指す、そんな気持ちに合わせて曲もリズミカルで大きく表現している」と制作秘話をを明かしました。さらに「You Say Run」という楽曲タイトルについては、作中でオールマイトがヒーローの卵である生徒達に向かって語る「有精卵」をヒントに、出久が走り出すシーンと重ねて英語で「You Say Run」と名付けたと語りました。そして、キャラクターの気持ちに寄り添うような疾走感あふれるメインテーマがオーケストラで演奏され、観客より鳴りやまない大きな拍手が贈られました。

コンサートの第2部では、「獲りに行く!」「Weeee Are Fu×kin Super Start!!」「騎馬戦」と、アニメ第2期で描かれた雄英体育祭をイメージした戦いの楽曲を立て続けに披露しました。梶さんは「楽曲を聴いているだけでドラマが頭に浮かんできます。音楽の力はすごいです。」と演奏を聴いての感想を語ると、林さんは、声優陣に対して「まだ音楽のついていない状態で行うアフレコで迫力の演技を見せるのがすごい」と賞賛の言葉を返しました。その言葉を受けて梶さんは「TV放送で完成した本編を見た時に、音楽があることで、さらに素晴らしい作品になっている。」と熱く語り、例えばイベント等で披露する朗読劇などでは、「音楽があることで気持ちをさらにぶつけられる。」と音楽の重要性についてもふれました。

後半では、キャラクター名そのままがタイトルとなっている「青山優雅」を演奏。林さんは、「サブテーマとして作った曲のアレンジです。青山くんだけではなく、1-Aの生徒たちが活躍するかっこいいシーンで使うために作った曲です。」と語り、改めてコンサートでこの曲を聴くことができたことや、こんなにも愛されている作品の音楽を担当できたことがとても嬉しいと感謝の言葉を語りました。

「まさにオーケストラで演奏するために生まれたような曲」

コンサートは終盤となり、激しくドラマティックな展開で聴かせる戦いの曲「ワン・フォー・オール VS オール・フォー・ワン」を演奏。第3期の見どころの一つでもあるNo.1ヒーローのオールマイトと宿敵オール・フォー・ワンとの激闘を振り返り、「まさにオーケストラで演奏するために生まれたような曲」だとキャスト陣が印象を語りました。また、この時のアフレコ収録時の様子についてもふれ、山下さんは「オールマイトを演じ戦っている三宅健太さんの背中を見守るしかできなかったです。勝ってくれという想いしか無かった。」と、当時のアフレコを振り返りました。

また、10月より放送がスタートするTVアニメ4期についても語られ、林さんは「新しいキャラクターや、今までにないようなシーンの曲をいくつか作りました。今回は、レコーディングでニューヨークまで行き、とても良い曲が録れたので楽しみにしてほしいです。」と4期の音楽について期待が膨らむコメントを語りました。

そして、コンサート最後には、3期のクライマックスで描かれた出久と爆豪の対決シーンを盛り上げた「勝己と出久」を披露。会場から大きな拍手が沸き起こりました。

アンコールを迎えると、林さんが驚きの割烹着姿で登場。後日行われる自身のコンサートの衣装を先んじて着た林さん自らが指揮者となり、アンコール曲として「You Say Run」を再び演奏しました。また、会場には、デク、オールマイト、爆豪、お茶子らのキャラクターが登場。客席も一体となって大きな手拍子で演奏を盛り上げました。

ゲスト一人一人より観客に感謝の言葉

コンサートの最後には、ゲスト一人一人より観客に感謝の言葉が贈られました。

林さん「ヒロアカは、イチ視聴者としても楽しんでいる作品です。今後、フルオーケストラや、ゆくゆくはフィルムコンサートもできたらと思っています。今回はウィンドオーケストラア用に葛西竜之介さんに見事なアレンジをして頂きました。素晴らしい演奏をして頂いた東京佼成ウインドオーケストラの皆さん、指揮者の横山奏さん、ありがとうございました!」

山下さん「普段オンエアやサントラでたくさん曲を聴いていて素敵だなと思っていたのですが、今回、こうして生演奏で聴くことができて感激しました。また、皆さんと一緒に聴けるような機会があればと思います。皆さんが、心から「ヒロアカ」や音楽が好きだということを感じることができました。」

梶さん「作品の魅力はもちろんですが、音楽の力を改めて感じることができる素晴らしい機会でした。初めてオーケストラのコンサートに足を運んでくださる方もいらっしゃって、「ヒロアカ」という作品がきっかけになったことを嬉しく思っています。」

コンサート最後には、「ヒロアカ」のイベントでは恒例となった「更に向こうへ!」のゲストからのコールに「プルスウルトラ!」と観客全員で答え、迫力のコンサートは大盛況のうちに幕を閉じました。

『僕のヒーローアカデミア』<ウインドオーケストラコンサート 開催概要

【開催日】2019年8月31日(土)
【会場】東京文化会館大ホール(上野)(約2,300席)
【演奏】東京佼成ウインドオーケストラ 【指揮】横山奏
【出演】林ゆうき(音楽)、山下大輝(緑谷出久役)、梶裕貴(轟焦凍役)

セットリスト

  1. 私が来た!!
  2. 雄英高校&戦闘訓練
  3. クソ学校っぽいの&ツッパリ反抗期&明るく元気に
  4. 平和の象徴&PLUS ULTRA
  5. HERO A&爆殺王!!
  6. 暴走する悪意&英雄的武闘戦闘曲&さらに向こうへ
  7. My Hero Academia
  8. 君はヒーローになれる
  9. You Say Run
  10. 獲りに行く!&Weeee Are Fu×kin Super Start!!&騎馬戦
  11. それぞれの目標&好敵手と書いて「とも」と読む
  12. 青山優雅
  13. ワン・フォー・オール VS オール・フォー・ワン
  14. 勝己と出久

<アンコール> You Say Run

『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第4期

10月12日放送スタート!毎週土曜夕方5:30~

読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット※一部地域を除くにて

イントロダクション

コミックスのシリーズ累計発行部数は2200万部を突破!週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載中の堀越耕平による大人気コミックを原作としたTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』。舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを目指し、雄英校に通う高校生・緑谷出久とそのクラスメイトたちの成長、戦い、友情のストーリーが繰り広げられていく。そんな本作は「ONE PIECE ワンピース」「NARUTO-ナルト-」といった「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、“新世代”ジャンプ王道の筆頭!そんなTVアニメ“ヒロアカ”の第4期シリーズが10月12日(土)より毎週土曜夕方5:30~読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて放送スタート決定!

超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、笑顔で人々を救ける最高のヒーローになることを目指して、クラスメイトたちと試練の毎日を過ごしていた。

林間合宿での敵<ヴィラン>連合による襲撃事件をきっかけに、オールマイトは宿敵オール・フォー・ワンと激突。オール・フォー・ワンを倒すものの、オールマイトは力を使い果たし、プロヒーローを引退。デクはオールマイトの意志を継ぎ、最高のヒーローになることを改めて決意する。新たな必殺技を修得したデクは、難関の「プロヒーロー仮免許取得試験」に挑戦。全国から集まったライバルたちに立ち向かい、見事試験に合格し、“最高のヒーロー”にまた一歩近づいた。

そして、次なるステージは、プロヒーローの下での「インターン活動」。そこでデクは、新たな“脅威”と、新たな“使命”に出会うことになる―!

スタッフ

原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
総監督:長崎健司
監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:黒田洋介(スタジオオルフェ)
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ

キャスト

緑谷出久:山下大輝
オールマイト:三宅健太
爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
轟焦凍:梶裕貴
切島鋭児郎:増田俊樹
蛙吹梅雨:悠木碧
八百万百:井上麻里奈
通形ミリオ:新垣樽助
天喰環:上村祐翔
波動ねじれ:安野希世乃
サー・ナイトアイ:三木眞一郎
オーバーホール:津田健次郎

アニメ公式サイト http://heroaca.com/
アニメ公式twitter http://twitter.com/heroaca_anime

© 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。