TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』炯・ミハイル・イグナトフ役 中村悠一よりオフィシャルコメント到着!

人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』。シリーズ最新作、TVアニメ第三期『PSYCHO-PASSサイコパス3』がフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜日24:55~25:55拡大枠にて放送中、またAmazon Prime Videoにて日本・海外独占配信中!

この度、新人監視官、炯・ミハイル・イグナトフを演じる中村悠一より、オフィシャルコメントが到着!『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの作品の印象や、キャラクターに対する想いを語ってくれました!

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』炯・ミハイル・イグナトフ役 中村悠一 オフィシャルコメント

―『PSYCHO-PASS サイコパス』という作品自体にはどのような印象を持たれていましたか。

「実際に起こりそうな未来が描かれている作品だなと思いました。現実にあるいろいろなことを効率化していくと、こういう未来に行きつくのかもしれない。難しい用語なども出てきますが、決して非現実的なものじゃない。観ているみなさんが理解しやすい世界観だと思いますし、リアルというよりも、リアリティがある作品だと感じています。」

―炯・ミハイル・イグナトフを演じられる上で大事にされていることをお聞かせください。

「炯と灼が、ある意味で、兄弟のように見えたら良いなと思っています。たとえば、部下に対して叱るときと、灼に対して叱るときではニュアンスが違うだろうなと思うんです。執行官の行動を黙認していたとしても、灼の行動にはつい口を挟んでしまいたくなる。そういう距離感を意識しています。」

―癖のあるメンバーが勢ぞろいしている公安局刑事課一係ですが、どのようなチームだと感じられますか。

「怪しい人がいるとすぐにドミネーターを抜いてしまう執行官たちと、戦うときはドミネーターを使わずに素手で戦う炯が、対照的な描写になっていますよね。とくに第1話は両者の関係性がとてもわかりやすく描かれていたなと思いました。執行官の入江(一途)と廿六木(天馬)はちょっとヒネくれていて。如月(真緒)と雛河(翔)は何を考えているかわからない。そういう強面な執行官と、彼らを諫める炯と灼のチグハグなチームワークが面白いなと思っています。」

―今回は1話1時間の拡大枠で放送され、見応えのあるドラマをより深く楽しめるかと思いますが、1時間番組と聞かれたときはどのように思われましたか。

「1話60分のTVシリーズと聞いて、最初はどうなるだろうと不安でした。過去にも60分のTVシリーズ作品があることは知っていましたが、やはりTVアニメのスタッフは、30分で作品を語る技術に長けている人たちだと思っていたので、その尺が倍になることで、はたして大丈夫なのだろうかと。僕らはともかく、現場も大変になるでしょうし、でも、実際に上がってみた映像を見ると、時間が経つのがあっという間でした。今は安心しています。」

―『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の放送を楽しみにされている読者の方々へメッセージをお願いします。

「主人公である炯と灼の目的とは何なのか。彼らがその目的をどう遂げるのか。まだまだ先が読めないことが山盛りなので、これからどのように描かれるのか、僕自身も楽しみにしています。」

アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』

「正義」は、新たな世界を切り開く。

魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。シビュラシステムの導入後、日本は海外との交流を断ち、長らく事実上の鎖国状態にあった。2120年、開国政策により変革の刻が迫ろうとしている。変わりゆく世界で、犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。

2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVシリーズ第二期を放送、2015年に劇場版を公開、そして2019年に『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』として三部作が劇場公開された。そして、TVシリーズ第三期となる本作は、ふたりの新人監視官の物語。慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、厚生省公安局の刑事となり、変わりゆく世界で真実を求めていく。はたして2人のたどり着く場所は?世界が待ち望んでいた『PSYCHO-PASS サイコパス』の新時代が幕を開ける。

STAFF

監督:塩谷直義
シリーズ構成:冲方丁
脚本:深見真、冲方丁、吉上亮
キャラクター原案:天野明
キャラクターデザイン・総作画監督:恩田尚之
色彩設計:鈴木麻希子
美術監督:草森秀一
3Dディレクター:大矢和也
撮影監督:村井沙樹子
撮影視覚効果:荒井栄児
編集:村上義典
音楽:菅野祐悟
音響監督:岩浪美和
オープニング・テーマ:Who-ya Extended「Q-vism」(SMEレコーズ)
エンディング・テーマ:Cö shu Nie「bullet」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
アニメーション制作:Production I.G

CAST

慎導灼:梶裕貴
炯・ミハイル・イグナトフ:中村悠一
雛河翔:櫻井孝宏
廿六木天馬:大塚明夫
入江一途:諏訪部順一
如月真緒:名塚佳織
唐之杜志恩:沢城みゆき
霜月美佳:佐倉綾音
ドミネーター:日髙のり子
法斑静火:宮野真守
代銀遙煕:中博史
裁園寺莢子:田中敦子
小宮カリナ:日笠陽子
ラウンドロビン:森川智之
梓澤廣一:堀内賢雄
小畑千夜:矢作紗友里
狡噛慎也:関智一
宜野座伸元:野島健児
須郷徹平:東地宏樹
六合塚弥生:伊藤静
花城フレデリカ:本田貴子
常守朱:花澤香菜

公式HP: http://psycho-pass.com/

©サイコパス製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。