アニメ『チェンソーマン』ワールドプレミア開催レポート公開!デンジ役・戸谷、1話を見て涙 「度肝を抜かれました」

累計発行部数1,500万部を突破している『チェンソーマン』(原作:藤本タツキ)。「呪術廻戦」「進撃の巨人 The Final Season」を手掛けるMAPPAによって鋭意制作中のTVアニメが、本日9月19日(月)にワールドプレミアを開催しました。

アニメ『チェンソーマン』ワールドプレミア開催レポート公開!デンジ役・戸谷、1話を見て涙 「度肝を抜かれました」

イベント内では、米津玄師によるオープニング・テーマ「KICK BACK」にのせた本PVや、挿入歌をマキシマム ザ ホルモン、更に全12話のエンディング・テーマを超豪華なアーティストたちが週替わりで担当、さらにファン待望の追加キャストなど“超重大情報”が一挙に解禁に!

今回のワールドプレミアイベントでは、1話の先行上映とキャスト・監督による舞台挨拶を開催。

晴れやかな顔で登場した一同を会場も大きな拍手で出迎えました。ワールドプレミアを迎え、監督は「去年の6月にPVを作らせていただいて、そこから本編制作に向かっていくという形で皆様には長らくお待たせしてしまったかなという気持ちもあるのですが、やっと1話が出来上がって安心しています。」と今の率直な感想を述べました。

完成した1話を鑑賞したキャストは、

戸谷「度肝を抜かれましたね!デンジにも感情移入したんですけど、初めての主役作品ということもあって泣いちゃいました。そのくらい凄いクオリティになっています。」
楠木「いちファンとして見入ってしまって…観たいシーンが全部動いているのに感動して、手が震えました。」
坂田「一枚一枚の絵が劇場版のような作り込みで、心拍数が加速するような素晴らしいサウンドで。(戸谷のアフレコを見学した際)初主演なのに堂々としてて…戸谷くんの伝説が始まっちゃうんじゃないかなと思っています。」
ファイルーズの「観た瞬間、『え、劇場版?』って。中山監督の『この世界観を現実にするぞ!』という強い”パワー”を感じました。」という一言に戸谷は「”パワー”だけに?!」と反応。キャストたちが和気藹々と笑顔でコミュニケーションをとる姿も垣間見えました。

どのキャラクターも個性が強い「チェンソーマン」。役作りの裏側を聞かれると、

戸谷「気持ちを理解しようとおもって(原作を)読み返してみて、お金がなくて、このまま一生を終えるのかなって憂鬱さがあったり、細かく分析してみると意外と『わかる〜!』という気持ちがあって、その気持ちを演技に乗せました。」

楠木「気をつけているのは(デンジとの)距離感。物理的な距離感はかなり意識して演じています。」とアフレコに挑んだ裏側を明かしました。

ここでイベントは”超重大情報”の発表へ!

ファン待望の本PVが解禁となり、その後、スクリーンに大きく映し出されたのは、『オープニング・テーマ 米津玄師「KICK BACK」に決定』の文字。楽曲の共同編曲をKing Gnu、millennium paradeの常田大希が務めることも発表されました。

原作『チェンソーマン』をお互いに「いいよね」と会話したこともあるという2人。会場に届いた米津と常田による映像では、楽曲『KICK BACK』について常田は「“米津玄師史上1番シャウトしているんじゃないかな」とコメント。米津が「大希が参加してくれて、到底自分から出てこなかっただろうな」と話すと、常田は自身の担った役割を「米津に油を注ぐ」「もっと燃え上がらせる」だったと表現。米津も「たいぶブーストしてくれた感じはあったので、非常に大満足です」と語りました。

また今回のアレンジにあたり、モーニング娘。「そうだ!We’re ALIVE」を使用している本楽曲。小学生の頃に聞いた“幸せになりたい”という歌詞が忘れられずにいた米津は、その記憶が蘇ったことも制作に大きく作用したと思い返します。常田も「そこからのもっていき方が痺れるし、狂っているよね」と話すと、米津も共感。「非常に良い曲になったと思うので、是非よろしくお願いします」と締めくくりました。

続いて、挿入歌をマキシマム ザ ホルモン、そしてエンディング・テーマでは、なんと全12話の各エンディングをano、Eve、Aimer、Kanaria、syudou、女王蜂、ずっと真夜中でいいのに。、TK from 凛として時雨、TOOBOE、Vaundy、PEOPLE 1、マキシマム ザ ホルモンという豪華アーティスト陣が担当することが明らかとなりました!

毎回エンディング・テーマが変わるという情報に、

監督は「本当にこういうことができるとは思っていなかったですが、たくさんの方々にご協力いただいてこういうラインナップで作ることができました」と言い、エンディングの映像も全話新規映像で、毎週楽しみになる仕掛けがあることを明かしました。

キャスト陣もこれには「前代未聞だよね!」と大盛り上がり。

最後には、

ファイルーズ「(PVだったり、新情報解禁を受けた)皆様の反応を生で見ることができて、本当に嬉しかったです。TVアニメのほうも毎週毎週ドッキリなことがいっぱいあるので、楽しみに見ていただけたらと思います。」

坂田「お芝居も、戸谷くんをはじめとしたキャストの皆さんに引っ張ってもらって本当にベストなものが出せたと思います。放送をぜひ楽しみにしてください!」

楠木「監督は、本当に私たちの心をぐっと掴むことをたくさんしてくださって、現場も本当に『チェンソーマン』大好きな人たちが集まって作っています。楽しみにお待ちいただいている皆様、その気持ち、そのままでお待ちいただけたらと思います。」

とそれぞれが放送に向けて期待を高めるメッセージを述べる中、

戸谷の「アニメ放送を本当に楽しみにしていてください!今日はこうやって生で熱量を感じることができたので本当にいい時間を過ごせました。またどこかでお会いしましょう!」

という言葉のチョイスには、周囲からは『最終回じゃないんだから!』と総ツッコミが入り、会場も思わず笑顔に。

監督は「オープニング・テーマも発表になりましてめちゃめちゃかっこいい曲だったと思いますし、エンディング・テーマもものすごいラインナップになっていますので、毎週毎週楽しみにしていただけたらなと思っています。スタッフを代表して、お手柔らかに、応援していただけると嬉しいです。」

とコメント。本作の放送を楽しみに待つ視聴者たちへの各々の思いが語られる、終始熱気に包まれたイベントとなりました。

日時:9月19日(月・祝) 20:00〜20:30
会場:TOHOシネマズ六本木(〒106-0032 東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
登壇者:戸谷菊之介、楠木ともり、坂田将吾、ファイルーズあい、中山竜監督

アニメ『チェンソーマン』

イントロダクション

『チェンソーの悪魔』ポチタと共にデビルハンターとして暮らす少年デンジ。親が遺した借金返済のため、貧乏な生活を送る中、裏切りに遭い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、悪魔の心臓 を持つもの 『 チェンソーマン 』として蘇る ── 。

放送情報

2022年10月 11日(火)24:00よりテレビ東京系6局ネットにて放送開始(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送)
※放送日時は変更の可能性がございます

配信情報

2022年10月11日(火)25:00よりPrime Videoにて最速配信
2022年10月12日(水)25:00より各プラットフォームにて見逃し配信
※配信情報の詳細は公式サイトをご覧ください。

スタッフ

原作:藤本タツキ(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:中山 竜
脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:杉山和隆
アクションディレクター:吉原達矢
チーフ演出:中園真登
悪魔デザイン:押山清高
美術監督:竹田悠介
色彩設計:中野尚美
撮影監修:宮原洋平
音楽:牛尾憲輔
オープニング・テーマ:米津玄師「KICK BACK」
挿入歌:マキシマム ザ ホルモン「刃渡り2億センチ」
エンディング・テーマ:
ano「ちゅ、多様性。」
Eve「ファイトソング」
Aimer「Deep down」
Kanaria「大脳的なランデブー」
syudou「インザバックルーム」
女王蜂「バイオレンス」
ずっと真夜中でいいのに。「残機」
TK from 凛として時雨「first death」
TOOBOE「錠剤」
Vaundy「CHAINSAW BLOOD」
PEOPLE 1「DOGLAND」
マキシマム ザ ホルモン「刃渡り2億センチ」
アニメーションプロデューサー:瀬下恵介
制作:MAPPA

キャスト

デンジ:戸谷菊之介
ポチタ:井澤詩織
マキマ:楠木ともり
早川アキ:坂田将吾
パワー:ファイルーズあい
姫野:伊瀬茉莉也
東山コベニ:高橋花林
荒井ヒロカズ:八代 拓
岸辺:津田健次郎

公式サイト:https://chainsawman.dog/
公式Twitter:@CHAINSAWMAN_PR(https://twitter.com/CHAINSAWMAN_PR

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。