山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、三宅健太が生セリフを披露!『僕のヒーローアカデミア』ジャンプフェスタステージレポート!

コミックスシリーズ累計発行部数はいよいよ2,000万部を突破!「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平氏による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』、通称“ヒロアカ”。そのTVアニメシリーズは、2016年の第1期を皮切りに第3期までが放送され、待望の第4期シリーズが2019年10月から読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが決定!“ヒロアカ”は原作、アニメ共にますますの盛り上がりを見せています。

去る12月22日(土)に、幕張メッセにて開催された「ジャンプフェスタ2019」のジャンプスーパーステージにて、『僕のヒーローアカデミア』のアニメキャストから、緑谷出久役の山下大輝さん、オールマイト役の三宅健太さん、爆豪勝己役の岡本信彦さんと、轟焦凍役の梶裕貴さんの豪華4名のキャストが登場したステージが展開されました。

緑谷出久役の山下大輝さん、オールマイト役の三宅健太さん、爆豪勝己役の岡本信彦さん登壇!

まず、各キャラクターのイラストがスクリーンに大きく映し出され、キャスト陣が、オールマイト、轟、爆豪、デク、それぞれのキャラクターの決め台詞を順に披露。コミックの名シーンに迫力のボイスが重なり、集まった数千人の観客より早くも大歓声が溢れ、最高の盛り上がりの中でキャスト陣にスポットが当てられ、ステージがスタートしました。

「ヒロアカの好きなセリフ」の中から、人気が高いセリフを発表!

「少年よ、好きなセリフを発表するのだ!」と称したコーナーでは、ツイッターで募集した「ヒロアカの好きなセリフ」の中から、人気が高いセリフをピックアップして発表していきました。 原作者・堀越先生の頭の中に「降ってくるように出てきた」という雄英高校の「ビッグ3」通形ミリオの闘いの中でのセリフや、「ずっと描きたくてウズウズしていた」というプロヒーロー・エンデヴァーの戦闘シーンで放たれた印象的なセリフ、アニメでは未登場のプロヒーロー・ホークスのセリフなどが続々ランクイン。

そして、今回登壇したキャスト陣が演じるキャラクターの名シーンも紹介され、コミックスのシーンにあわせて、キャスト陣が生アフレコに挑戦しました。“ヒーロー殺し”の異名を持つ敵<ヴィラン>ステインとの戦闘中に轟が飯田天哉に放ったセリフ「やめてほしけりゃ立て!なりてえもんちゃんと見ろ!」は、原作・アニメともに人気の高いシーンで、梶さんも「轟がここまで感情をあらわにしたことはなかった。」と印象深げにシーンの感想を語りました。続いて、TVアニメでも迫力の映像とともに描かれた体育祭でのデクと轟の対決シーンについては、2人のキャラクターの感情の昂りに「デクが持つ人を動かすエネルギーはすごいなと改めて思いました。」と梶さんが語りました。

また、オールマイトと宿敵オール・フォー・ワンの対決シーンでのデクと爆豪の「勝てや!オールマイト!」というセリフが紹介されます。闘うオールマイトを三宅さん、それを全力で応援するデク役の山下さんと爆豪役の岡本さんの3人が、観客からの期待に応えるように熱演。このシーンについては、「三宅さんがアフレコする背中がオールマイトと重なって見えた。」と山下さんと岡本さんが話すと、三宅さん自身も「背中を押されるいう感じが本当にあるんだなと思いました。」とアフレコ時を振り返り答えました。続いて紹介されたのは、TVアニメ3期のクライマックスとも言えるデクと爆豪の深夜の対決シーン。

岡本さんは、音響監督から、このシーンは爆豪がデクに言葉を投げながらも自分を痛めつけるように自問自答しているというディレクションを受け、「演技することで、さらに彼の心情を理解することができました。」と思いを語りました。最後は今後アニメで映像化されるかもしれないデクの大きな戦闘シーンの見せ場が紹介され、山下さんが迫力の演技でセリフを披露。山下さんは、「早くTVアニメで演じたい」と期待に胸を膨らませました。心を揺さぶられるような熱い名セリフの数々に、会場が大きな拍手に包まれました。

また、紹介されたセリフには、それぞれのシーンに対する堀越耕平先生のコメントが紹介され、各シーンを描いた時の考えや狙い、さらに意外な事実も明かされ、驚きの声が。そして、それぞれのコメントには直筆のイラストも添えられ、「NGシーン」などコミカルなイラストの数々に歓声もあがりました。

その後、ステージでは、本邦初公開となるアニメ4期のPV第1弾が公開され、最新映像に集まったファンの大歓声が上がりました。TVアニメの3期終盤に登場した通形ミリオや、敵<ヴィラン>のオーバーホール、そして新キャラクターとして登場する謎の少女の姿も映像内で描かれ、続々登場するキャラクターや、クオリティの高い映像を見て、キャスト陣からも「アフレコでお芝居するのが楽しみ!」という期待の声が上がりました。

アニメ4期のPV第1弾

イベント最後には、原作者の堀越耕平先生からの感謝のメッセージが公開され、ゲスト陣からもメッセージが贈られました。

ゲスト陣のメッセージ

 山下さん「『ヒロアカ』の世界がどんどん広がっていくのを感じています。個人的にはフィギュアがたくさん発売されるのが嬉しいです!アニメ4期に向けて、声優、スタッフ一同頑張っていきますので、これからも応援を宜しくお願いいたします。」

岡本さん「ファンの皆様、本日はありがとうございます。先日、週刊少年ジャンプでのヒロアカキャラクター人気投票で爆豪が1位を獲りました!ただ、2位の轟と僅差なので、次こそは完膚なきまでに叩き潰します(笑)!!」

梶さん「たくさんの方が作品を愛してくれているのが嬉しいです。2019年は“ヒロアカ”熱がさらに高まっていくと思います。轟達がもっともっと熱くしていきたいと思います!」

三宅さん「原作だけでなく、アニメや舞台で“ヒロアカ”はまだまだ盛り上がっていくと思います!今後とも、我々ヒーローたちの応援を頼むぞ!有精卵共!」

そして、ヒロアカの合言葉とも言える、「更に向こうへ!PLUS ULTRA(プルスウルトラ)!!」の掛け声をキャストと観客、会場全体で叫び、大盛り上がりとなったステージはフィナーレとなりました!

『僕のヒーローアカデミア』ジャンプフェスタ2019 スーパーステージ開催概要

【開催日程】2018年12月22日(土)
【開催場所】幕張メッセ 国際展示場 展示ホール/ジャンプスーパーステージ
【出演】山下大輝(緑谷出久役)、三宅健太(オールマイト役)、岡本信彦(爆豪勝己役)、梶裕貴(轟焦凍役)

『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第4期 

2019年10月放送スタート!読売テレビ・日本テレビ系にて

イントロダクション

コミックスのシリーズ累計発行部数は2000万部を突破!週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載中の堀越耕平による大人気コミックを原作としたTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』。舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを目指し、雄英校に通う高校生・緑谷出久とそのクラスメイトたちの成長、戦い、友情のストーリーが繰り広げられていく。そんな本作は「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、“新世代”ジャンプ王道の筆頭!そんなTVアニメ“ヒロアカ”の第4期シリーズが2019年10月より読売テレビ・日本テレビ系で放送スタート決定!

超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、笑顔で人々を救ける最高のヒーローになることを目指して、クラスメイトたちと試練の毎日を過ごしていた。

林間合宿での敵<ヴィラン>連合による襲撃事件をきっかけに、オールマイトは宿敵オール・フォー・ワンと激突。オール・フォー・ワンを倒すものの、オールマイトは力を使い果たし、プロヒーローを引退。デクはオールマイトの意志を継ぎ、最高のヒーローになることを改めて決意する。新たな必殺技を修得したデクは、難関の「プロヒーロー仮免許取得試験」に挑戦。全国から集まったライバルたちに立ち向かい、見事試験に合格!“最高のヒーロー”にまた一歩近づいた。

そして、次なるステージは、プロヒーローの下での「インターン活動」。そこでデクは、新たな“脅威”と、新たな“使命”に出会うことになる―!

アニメ公式サイト http://heroaca.com/
アニメ公式twitter http://twitter.com/heroaca_anime
番組公式ホームページ http://www.ytv.co.jp/heroaca/

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA