アニメ『盾の勇者の成り上がり』第3話「災厄の波」【感想】たくましく成長したラフタリアが可愛い!

現在好評放送中のTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』。第三話「災厄の波」は『大きく見た目が変わったラフタリア』や『守るため懸命に戦う尚文』が好印象な回でした。ムカつく槍の勇者、北村元康も登場し、胸が苦しくなるような展開も……。

そんなTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第3話「災厄の波」を改めて振り返りつつ、感想を綴ります。

※この記事には【ネタバレ】を含みます。ぜひ、TVアニメをご覧になった後にご一読ください!

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第3話「災厄の波」【振り返り】

大きくなったラフタリア

様々なスキルと技能を習得し、ラフタリアとの連携も抜群によくなった尚文。迫りくる波に対し、武器を新調しに来たのだが武器屋の親父さんもラフタリアには驚き。

前回の話ではまだ幼い子供であったが、レベルアップと共に体つきもみるみると成長していた。戦闘に怯えていた面影はもうなく、尚文に対してもよく喋りかけ、説教するなど、とてもたくましく成長していた。

他の四聖勇者との再会

災厄の波が来るまでの残り時間が分かる砂時計がある、という情報をもとに、尚文たちは教会に行くことに。残り時間を確認していたところ、剣の勇者、弓の勇者、槍の勇者と再会する。

槍の勇者である元康は尚文に対して嫌味を言い、さらにはラフタリアに対して

「この俺が守ってあげよう」

と手を握り、尚文からまたもや全てを奪い取ろうとする。怒りと悔しそうな表情をした尚文は、何も言わず、ラフタリアの手を引きながらその場を去るのであった。

災厄の波 前日

街中はいつもと雰囲気が違っており、戦う者はみな表にでて戦闘の準備をしていた。そんな中ラフタリアは今まで尚文が自分に与えてくれた事、示してくれた事を改めて感謝し、

「私はあなたの剣です。どこへだって付いていきます」

と、尚文の為に戦う覚悟を固く誓った。

災厄の波 到来

災厄の波が始まり、空が赤くなり、渦巻きのような空の亀裂から魔物が大量に降り注いでくる。

リユート村に魔物が押し寄せていくのを目撃するが、他の者は誰一人助けに行こうとはせず、発煙筒にて騎士団への救援を知らせただけだった。それに見かねた尚文はラフタリアと共に村へ。

村に着いた頃には村は半壊し、魔物が大量に押しかけていた。ラフタリアに村人を避難させる事を命じ、尚文は敵を引き付ける事に。村人を守りながらも縦横無尽に走り続け、敵を引き付けるが、数が多すぎて全員は守れない。村の被害を最小限にするために、尚文はある奇策を思いつく。

災厄の波の終わり

一人で戦っている尚文の元にラフタリアも合流し、二人で戦っているところに、救援に来た騎士団が到着する。騎士団は魔物を一掃する攻撃を放つが、それは尚文たちを巻き込むような攻撃だった。騎士団に対し怒りに満ちたラフタリアを尚文は止め、また戦いを始める。

尚文の戦う姿に惹かれた一部の騎士団員たちと共に戦い、そして他の勇者がボスの魔物を倒した事により、災厄の波が終わりいつもの青い空に戻った。

しかし村の被害はゼロではなく、町は半壊、死者がでるなど完全には守り切れなかった。それでも村人たちは尚文たちに心から感謝をした。

魔物はたくさん倒したが守り切れなかったことに涙するラフタリアを、そっと撫でて微笑みかける尚文。災厄の波を終え、砂が落ち切った砂時計は反転し、また少しずつ、次の災厄の波までの時間を示すのであった。

アニメ『盾の勇者の成り上がり』第3話「災厄の波」感想

急激な成長

今回一番驚いたのはラフタリアの成長です。スキルや技能の成長はともかく見た目が!小学1年生ぐらいから、一気に高校生ぐらいまでに見た目が変わっていました。どうやらこの世界では亜人の成長はとても早いみたいですね。最初は尚文に対してあんなに怯えていたのに、いつの間にか説教したり、お子様ランチを頼まれて怒ったりと、仲睦まじい光景が描かれていて、にやにやしながら視聴していました。(笑)

槍の勇者 元康にイラつく!!

今回は四聖勇者が全員登場しますが、その中でも槍の勇者!元康が嫌な奴すぎます!これからラフタリアと二人で頑張っていこうとする尚文に対して、とことん邪魔をし、ラフタリアを奪おうとナンパしている光景は、見ていてムカムカしました。嫌味を言われ、笑い者にされても耐えている尚文は凄いですね。いつか元康に天罰が下ることを祈っています。(笑)

守るために戦う尚文の勇ましさ

災厄の波の際、村人を守る尚文。あらゆる盾の能力を使いこなし、自分の危険を顧みず立ち向かっていく姿は、まさしく勇者ですね。盾の能力を生かして縄にしたり、地面から斜めに盾を出現させ、敵の頭上を飛び越えたり、球体のシールドで村人を守ったりで、『あれ?盾の能力強くね?』と思いました。

今後の使い方次第では、とても便利で最強の能力になっていきそうですね。ラフタリアとの連携もばっちりで、村人を守るために戦う姿は勇者としてとても勇ましくあった回でした。

二人はまだまだこれから『盾の勇者の成り上がり』第3話

初めての激しい戦闘を終えた二人は、守り切れずにへこんでしまいますが、この戦闘を糧にどんどん強くなっていくでしょう。元康のこれからの言動が気になりますが、二人には真っすぐな道を突き進んでほしいです。成長していく二人の今後の姿が楽しみになる回でした。次の第4話のコラムに期待してくださいね。

第4話「暁の子守歌」次回予告

(文=CLそら

アニメ『盾の勇者の成り上がり』概要

スタッフ

原作:アネコユサギ(MFブックス『盾の勇者の成り上がり』/KADOKAWA刊)
原作イラスト:弥南せいら
監督:阿保孝雄
シリーズ構成:小柳啓伍
キャラクターデザイン・総作画監督:諏訪真弘
デザインリーダー:高倉武史
デザインアシスタント:和田慎平
モンスターデザイン:森 賢(ぎふとアニメーション)
アクション設計:黒田結花
プロップデザイン:杉村絢子
色彩設計:岡松杏奈(キネマシトラス)
ビジュアルアドバイザー:増山 修(インスパイアード)
美術:木下晋輔(インスパイアード)、西口早智子(インスパイアード)、明石聖子(スタジオ・ユニ)
3DCGディレクター:越田祐史(オレンジ)
2Dアーティスト:hydekick
モーショングラフィックス:上村秀勝(サブリメイション)
撮影監督:梶原幸代(T2スタジオ)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響制作:グロービジョン
音響監督:郷文裕貴(グルーヴ)
音楽:Kevin Penkin
音楽プロデューサー:飯島弘光(IRMA LA DOUCE)、植村俊一(日本コロムビア)
アニメーション制作:キネマシトラス

CAST

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
天木 錬:松岡禎丞
北村元康:高橋 信
川澄 樹:山谷祥生

公式サイト http://shieldhero-anime.jp
公式Twitter @shieldheroanime

(c)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。