アニメ『ゆるキャン△』聖地巡礼レポート(3)本栖高校&身延町 編

2018年1月よりTVアニメ『ゆるキャン△』が放送!

TVアニメ続編に加え、劇場アニメの制作も決定しているアニメ『ゆるキャン△』放送から1周年を記念して、JMAG NEWSでは、思い出の“聖地(ロケ地)”を巡る『聖地巡礼』レポート特集を、シリーズ形式で連載!

神秘的な雰囲気の中で絶品グルメを堪能した【第2回】四尾連湖 水明荘 編 に引き続き、今回は、

ゆるキャン△ 聖地巡礼シリーズ【第3回】本栖高校&身延町 編!!

古き良き日本の雰囲気にまったり……。

TVアニメ『ゆるキャン△』放送1周年記念!聖地巡礼レポート(3)本栖高校&身延町 編

聖地巡礼をする際のお約束

アニメ『ゆるキャン△』の舞台となっている地域は、キャンプ場を含め、観光客や地元住民の方も非常に多く訪れている地域です。

自分以外の人にも気を配り、自然を大切にしてこそ一流のキャンパー!

ケガなどで楽しい聖地巡礼が台無しになってはいけませんので、聖地巡礼をする際には、まず身の回りの安全を確認した上で楽しんでくださいね♪

皆さんそれぞれの聖地巡礼が、素敵な思い出になりますように…!

なでしこ達の通う『本栖高校』へ

今回は、アニメ『ゆるキャン△』にて、主人公・各務原なでしこ達が通う『本栖高校』のモデル地として描かれている『旧下部小・中学校』から『身延駅』へ。

窓に何か見えますね。

校舎の窓には、アニメ『ゆるキャン△』のカットがたくさん貼り出されていました。

この『下部小・中学校』は、数年前に廃校。

校舎の中に入ることは出来ませんが、せっかく学校まで聖地巡礼に訪れてくれたファンの方々に楽しんでいただきたい、という思いで、自治体と地域住民の皆さんが貼ってくださったそうです。

こんな可愛らしい看板も。

たくさんの思い出が詰まった校舎。新しい思い出がこれからも刻まれていくのですね。

身延駅へ

旧下部小中学校から車で約20分。

続いて、アニメ8話「テスト、カリブー、まんじゅううまい」にて登場した、JR身延駅へ向かいます。

取材した際には、アニメ『ゆるキャン△』のパネルも展示されていました。

身延駅周辺を散策

こちらは、アニメ『ゆるキャン△』8話「テスト、カリブー、まんじゅううまい」に少しだけ登場していた飲食店『ゆたかや』さん。JR身延駅の目の前にあります。
『甲州名物 ほうとう』の“のぼり”が特徴です。

山梨名物の『ほうとう』や、山梨の新鮮ジューシーな果物を使ったワインが美味しいそう。一般観光客の間でも、知る人ぞ知る名店なんだとか。

こちらは、同じく8話でなでしこたちが『みのぶまんじゅう』を買っていた和菓子屋『栄昇堂』さん。

皮はふっくらモチモチで、中の餡は甘すぎず、身体に染み込んでいくような優しい甘さ。

なでしこたちが『何個でも食べられるよ!』と言うワケが分かります。

TVアニメ放送前、斉藤恵那が登場していたビジュアルに映っていたのが『身延橋』。

そんな身延橋の下を流れているのが、日本最大急流の一つに数えられており、一級河川として有名な『富士川』です。

1300年の歴史を誇る秘湯へ…!

TVアニメ『ゆるキャン△』の聖地…というわけではありませんが、今回、取材の際に宿泊したお宿がとても素敵だったので、少しご紹介させていただきますね♪

今回取材班が宿泊したのは、身延駅から車で20分ほど(JR身延線でも移動可)の場所にある、下部温泉郷の温泉宿『源泉館』さん。

源泉館さんが誇るのは、1300年もの長い歴史……と大岩風呂!
なんと、1561年、川中島の戦いの際に、傷を負った武田信玄が、こちらの温泉で傷を癒やしたという話が残っているんだとか…!?

まさに「知る人ぞ知る名湯」で、取材班が実際に入浴させていただいた際にも、遠方から『源泉館さんの大岩風呂に入るために』訪れているという方までいらっしゃいました。

温泉なのに“ヒンヤリ”。
でも上がったあとは“身体ポカポカ”……。

有名な温泉郷ということもあり、辺りはとても静かで、心から休まりたい時にはもってこいの『源泉館』さん。
アニメ『ゆるキャン△』聖地巡礼の際には、聖地巡礼で疲れた体を、是非“幻の秘湯”でリフレッシュしてくださいね♪

―つづく

『ゆるキャン△』聖地巡礼レポート 第4回は『キャンプ地めぐり』♪

しかしまさかのトラブル発生……!?

<第4回『本栖湖周辺キャンプ場めぐり』編>
https://j-mag.org/2019/03/15/yurucamp-location-report-4

※本記事は、JMAG NEWS編集部の取材に基づいて執筆されたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA