アニメ化決定『フラグタイム』作品誕生秘話など語られた原作者インタビューが到着!

先月の「百合展2019」東京会場でアニメ化が発表された人気青春恋愛漫画「フラグタイム」。

その原作者さと への作品オリジナルインタビューが到着した。今回のアニメ化やキャラクターについて、原作を描いた当時の思い出や漫画を描く際の着想など、幅広いインタビューになっている。アニメ化の詳細は近日中に発表予定なので、引き続きご期待いただきたい。

原作者・さと 作品インタビュー

さと プロフィール

漫画家。自身のサイト内で掲載していた漫画「いわせてみてえもんだ」で商業デビュー。代表作に「りびんぐでっど!」(秋田書店刊)、「フラグタイム」(秋田書店刊)など。現在、ふらっとヒーローズにて連載中の「神絵師JKとOL腐女子」第1巻が2019年6月14日頃発売予定。

■Q1. 「フラグタイム」アニメ化が決まった時の感想を聞かせてください。

原作コミックスが出たのが2014年なのですが、それからだいぶ時間が空いているので最初は私も驚きました。ただ、担当さんが熱っぽく「良い提案をもらったよ」と言ってくれたので、素直に嬉しかったです。

■Q2. 制作中のアニメの印象はいかがでしょうか。

まだ詳細が発表前なのでお話できることが少ないのですが、原作の雰囲気を汲んだ上で丁寧に作ってくださっていると感じています。シナリオも原作の要素をうまく昇華してもらえているという印象です。またスタッフの皆さんが情熱的でパワーがある方たちなので、私自身もアニメができあがっていくのを楽しみにしています。

■Q3. 「フラグタイム」を描いたきっかけを教えてください。

「フラグタイム」の前に「りびんぐでっど!」という作品を描いていたのですが、その時に自分は女の子の方が描くのが得意なのではと思いまして、そうであれば女の子同士の話を描いてみよう、と思ったのがきっかけの一つです。当初は「女の子同士の独特の関係性」みたいなものを描こうと考えていたのですが、描いているうちに「性別を問わない人間同士のドラマ」みたいなものになっていったと思います。男性の読者の方からも、共感したという声を多くいただきました。

あと、漫画を描いていると資料写真が必要なので外で写真を撮るのですが、お店とかをちゃんと撮影するには許可がいるんですね。ただふらっと歩いている時とかに良い場所を見つけると、なかなかそうした申請がすぐにはできなくて、遠くからこっそり撮れないかと思うのですが、迷惑にならないか心配で。「悪いことしないから写真だけ撮らせて欲しい…」と思っていて。そうした時によく「3分間だけ時間が止まればいいのに」と思っていました。あとは単純に、「時間を止めて人間がありのまま過ごしているのをただ眺めたい」という気持ちもあります。

■Q4. メインキャラクター・森谷美鈴について聞かせてください。

森谷さんの性格はただ自分を描いているだけという感じです(笑) デザインとしては、おかっぱの女の子が大好きなのですぐ描いてしまいます。おとなしい性格に合う髪型というイメージです。

■Q5. メインキャラクター・村上 遥について聞かせてください。

森谷さんと真逆のキャラクターで、「自分をからかってくれる想像上の生き物」みたいなイメージです。実際に会って魅力的だった子の特徴を組み合わせているようなところもあります。また村上さんのような「当たり前のことを当たり前のように言えるキャラクター」は描いて気持ちが良いですし、憧れる気持ちもあります。私自身、「自分のことを見透かして欲しい」という風にも思っています。

■Q6. 「フラグタイム」を描いていて特に思い出深いシーンがあれば教えてください。

♯3の森谷さんと村上さんのデートシーンは描いていて楽しかったです。コミュニケーションに悩んでいるようなシーンは暗くなりがちなのですが、とは言え作品全体の雰囲気としては暗くなりすぎないようにしようと注意していたので、ふたりの明るいところが見えるシーンや、楽しそうなシーンはすごく気に入っています。

■Q7. 漫画を描く際に、どういったところから着想を得ていますか?

自分以外の他の人を見ていてアイデアが浮かぶ事が多いかもしれません。例えばTwitter等で心を病んでいる人を見ると、自分に重ねて「どうして病むんだろう」「自分も同じように病んでいたかもしれない」というようなことを思うんですね。そこから「この人が幸せになるにはどうしたらいいだろう」「この人がもっと楽に生きるための方法はあるだろうか」と考えるんです。ものすごくおせっかいですが…(笑)  ただ、それはその人だけの話じゃなくて、きっと自分やその他の人が幸せになる事にも繋がると思うんですよね。そういうことを自分の中で考えて、物語に落とし込むことが多いと思います。

あと「フラグタイム」を描いている時は、アシスタントさんとばかり話していたので、アシスタントさんと対話しながら描いているような漫画になりました。それもあってか、比較的生っぽい作品になったのではないかと思います。

■Q8. 本記事を読んでくれている方に一言お願いいたします。

「フラグタイム」は生き辛い思いをしている人に向けて描こうと思った作品です。まだ読んでいない方でもし今回興味を持ってくださった方は、この機会にぜひ読んでいただきたいです。またアニメでもその辺りのテーマが昇華されていると思いますので、楽しみにしていてください。私も楽しみにしています。

『フラグタイム』作品情報

イントロダクション

「3分間だけ、あなたのこと好きにさせて。」
誰とも関わりたくない、関われない。
人付き合いが苦手な森谷美鈴は、3分間だけ時間を止められる高校生。
ある日彼女は、時間が停止している間に、クラスいちの美少女・村上遥のスカートの中を覗いてみたが、
なぜか村上には時間停止の力が効かず、秘密がバレてしまう。
お詫びとして森谷は、村上の願いを何でも聞くと約束するが…

キャラクター紹介

★森谷 美鈴 / Misuzu Moritani

3分間だけ時間を停止させられる高校生の女の子。
ある日、時間を止めている間にクラスいちの美少女・村上遥のスカートを捲っていたところ、
彼女には能力が効いておらず、時間停止の秘密がバレてしまう。
それ以降、村上に振りまわされるようになるが、同時に彼女の魅力に強く惹かれるようになっていく。

★村上 遥 / Haruka Murakami

森谷のクラスメイトの美少女で、常にクラスの中心にいる人気者。
森谷が止めた時間の中で、なぜか一人だけ動くことができる。
ある日、そんな森谷の秘密を知ってしまい、いろいろな「お願い」を森谷にするようになる。

原作コミックス情報

原作:さと 『フラグタイム』 秋田書店<少年チャンピオン・コミックス・タップ!>/全2巻

★試し読みはこちら
https://souffle.life/manga/frag-time/

<アニメ公式サイト>
https://frag-time.com

<アニメ公式Twitter>
「フラグタイム」アニメ公式 @fragtime_anime

「百合展2019」開催情報

以下会場にて、「フラグタイム」ポスター展示&チラシ設置中。

★東京会場
日程:3月16日(土)〜3月24日(日)
会場:恵比寿さくら

★大阪会場
日程:3月30日(土)〜4月7日(日)
会場:なんばパークス7階パークスホール

★仙台会場
日程:4月13日(土)〜4月21日(日)
会場:仙台フォーラス

★名古屋会場
日程:4月27日(土)〜5月6日(月)
会場:ロフト名古屋

★福岡会場
日程:2019年05月18日(土)~05月26日(日)
会場:天神ビブレ2階 百合展特設ブース「百合展2019」

詳細はこちら:http://yuriten.com/2019/

※チラシの数には限りがございます。
※展示物は変更になる可能性がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA