『ゆるキャン△』岐阜県の伝統工芸「美濃焼」で焼き上げた「絵柄が浮き出る醤油皿」が予約受付開始

『ゆるキャン△』より「絵柄が浮き出る醤油皿」と「シルエットグラス」の予約受付を開始しました。醤油をそそぐと『ゆるキャン△』のロゴマークが浮かび上がってきます。岐阜県の伝統工芸「美濃焼」で焼き上げており、電子レンジや食器洗洗浄機の使用でき、実用に耐えうるアイテムです。

『ゆるキャン△』「絵柄が浮き出る醤油皿」

販売価格:1,000円(税別)
サイズ:直径約84mm×高さ17mm
素材:磁器
製造国:日本製
発売日:7月1日(水)
絵柄の浮き出る醤油皿販売ページ: https://chalife.jp/kitte/html/products/detail/316

『ゆるキャン△』シルエットグラス

風情ある灯りを灯せる「ゆるキャン△」シルエットグラス。 LEDやガスのランタンとは違う、揺らめきや淡い灯りを楽しむキャンドルグッズ。付属のキャンドルに火を灯すと「ゆるキャン△」のキャラクターたちがじんわりと浮かび上がってきます。

販売価格:1,900円(税別)
サイズ:直径80mm×高さ70mm
素材:ガラス
製造国:中国製
発売日:8月予定
シルエットグラス予約ページ: https://chalife.jp/kitte/html/products/detail/317

TVアニメ『ゆるキャン△』概要

再放送情報

放送局;TOKYO MX
放送時間:毎週月曜 22:30~23:00
放送期間:2020年7月6日~9月21日(全12回)

ストーリー

これは、ある冬の日の物語。

静岡から山梨に引っ越してきた女子高校生・なでしこは、“千円札の絵にもなっている富士山”を見るために自転車を走らせて本栖湖まで行ったものの、あいにく天気はくもり空。

富士山も望めず、疲れ果てたなでしこはその場で眠りこけてしまう。
目覚めてみるとすっかり夜。初めての場所で、帰り道もわからない。
心細さに怯えるなでしこを救ったのは、1人キャンプ好きの女の子・リンだった。

冷えた身体を温めるために焚き火にあたる2人。ぱちぱちと薪の爆ぜる音が、湖畔の静寂に沁み込んでいく。

焚き火を囲み、カレー麺をすすりながら会話するなでしことリン。

やがて2人が待ちに待った瞬間が訪れる。

「見えた……ふじさん……」

なでしことリン、2人の出会いから始まるアウトドア系ガールズストーリー。

スタッフ

原作:あfろ(まんがタイムきららフォワード/芳文社刊)
監督:京極義昭
シリーズ構成:田中仁
キャラクターデザイン:佐々木睦美
色彩設計:水野多恵子
美術監督:海野よしみ
撮影監督:田中博章
音響監督:高寺たけし
音楽:立山秋航
アニメーション制作:C-Station

キャスト

各務原 なでしこ:花守ゆみり
志摩 リン:東山奈央
大垣 千明:原紗友里
犬山 あおい:豊崎愛生
斉藤 恵那:高橋李依
各務原 さくら:井上麻里奈
ナレーション:大塚明夫
ほか

公式HP http://yurucamp.jp/
公式Twitter @yurucamp_anime

©あfろ・芳文社/野外活動サークル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。