TVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2キービジュアル解禁!林監督からコメントも

NHK総合にて2022年1月9日(日)より放送開始となるTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2のキービジュアルが公開された。するどい眼差しのエレンと、彼の記憶や名シーンがガラスの破片となって散っていく、どこか儚さを感じさせるビジュアルとなっています。林監督から、キービジュアルについてのコメントが到着しました。

TVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2キービジュアル解禁!林監督からコメントも

林祐一郎監督よりキービジュアルについてコメント

Part 1のビジュアルは3種ありましたが、マーレ、戦争、群像劇、というものを意識して対象を絞らない作りにしていました。Part 2は逆にエレンという個人にフォーカスするというのがコンセプトです。記憶のカケラをデザインに組み込んでおり、Season1から続くエレンの戦いがクライマックスに向かっていることを感じてもらえればと思います。

『進撃の巨人 The Final Season Part 2』は、NHK総合にて2022年1月9日(日)24時5分から放送となり、dTV、dアニメストア、GYAO!、Netflix、TELASA、ひかりTV、U-NEXT、Amazon Prime Videoほかにて、2022年1月10日(月)正午以降より順次配信開始されます。

そして、新作の放送を前にNHK総合で現在放送中の、今までのシリーズ全75話を6本にまとめた「特別総集編」の第5夜、と第6夜の放送時間も決定。第5夜は12月5日(日)24時5分、第6夜は12月12日(日)24時5分放送開始予定。

さらに、11月29日正午よりメインキャラのサイドストーリーを収録した「進撃の巨人」OADの初配信が決定した。NHKで放送される番外編3作品の他、「イルゼの手帳 ―ある調査兵団員の手記―」、「突然の来訪者 ―苛まれる青春の呪い―」、「困難」も配信予定だ。詳細は公式サイトをチェックしてください。

TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 作品情報

放送情報

第76話「断罪」
NHK総合にて今冬放送予定
※放送日時は変更になる場合がございます

イントロダクション

「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。

自由のために戦った。名は――進撃の巨人」

ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。

ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。

それでもなお、彼らは進み続けなければならない。

壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。

――やがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。

調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。

「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた……」

壁の中の人類が、初めて辿り着いた海。

果てしなく広がる水平線の先にあるのは自由か、それとも……?

エレン・イェーガーの物語は、新たな局面を迎える。

スタッフ

原作 諫山 創(別冊少年マガジン連載/講談社)
監督:林祐一郎
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:岸 友洋
総作画監督:新沼大祐
演出チーフ:宍戸淳
エフェクト作画監督:酒井智史 古俣太一
色彩設計:末永絢子
美術監督:小倉一男
画面設計:淡輪雄介
3DCG監督:上薗隆浩
撮影監督:浅川茂輝
編集:吉武将人
音響監督:三間雅文
音楽:澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO
音響効果:山谷尚人(サウンドボックス)
音響制作:テクノサウンド
アニメーションプロデューサー:松永理人
制作:MAPPA

キャスト

エレン・イェーガー:梶 裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
コニー・スプリンガー:下野 紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう 
ヒストリア・レイス:三上枝織
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ハンジ・ゾエ:朴 璐美
リヴァイ:神谷浩史
ジーク:子安武人
ファルコ・グライス:花江夏樹
ガビ・ブラウン:佐倉綾音
ピーク:沼倉愛美
ポルコ・ガリアード:増田俊樹
ウド:村瀬歩
ゾフィア:川島悠美
コルト・グライス:松風雅也

The Final Season公式サイト:https://shingeki.tv/final/
公式Twitter:@anime_shingeki

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。