『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』&2023年1月アニメ放送決定!FUNA先生・モトエ恵介先生からコメント&イラスト到着

日本最大級のWeb小説投稿サイト「小説家になろう」で累計1億1,800万PV超えした小説『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』がTVアニメ化され、2023年1月より放送が決定!アニメ化決定を記念して原作者のFUNA先生、とコミカライズを担当するモトエ恵介先生から喜びのコメントとイラストが到着!

『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』&2023年1月アニメ放送決定!FUNA先生・モトエ恵介先生からコメント&イラスト到着

『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』は、18歳でありながら中学生に見られてしまう童顔小柄な少女・ミツハが両親と兄を事故で失い天涯孤独になるところから物語が始まる。ショックによる大学受験失敗、両親の保険金を狙う輩、進学か就職か、家の維持費や生活費など数々の出費・・・これからの生活に悩んでいたミツハはある日、謎の存在から「こちらの世界」と「異世界」を“行き来”できる能力を与えられる!そこから彼女が思いついた将来設計とは、二つの世界で10億+10億の合計20億円<8万枚の金貨>を貯めるというもの!そう、頼れる者のいない彼女の安泰な老後のために!本作の最大の特徴は“現代と異世界を行き来できる転移能力”。他にさしたる特殊技能がない主人公・ミツハでも、中世ヨーロッパレベルの文明の異世界に現代技術を持ち込めばたちまちチート主人公!?タフな精神を持ちながら、ちょっと残念な思考の美少女が現代の知識とアイテムでお金儲けに邁進し、物語はコミカルに展開していく。

8月2日(火)頃にライトノベルの最新7巻が、8月8日(月)にはコミックス最新10巻がそれぞれ発売される本作、原作者はTVアニメ化もされた『私、能力は平均値でって言ったよね!』のFUNA。原作小説6巻から小説版イラストも担当しているモトエ恵介がコミカライズを担当。そんな二人からTVアニメ化を記念して、喜びのコメントが到着!モトエ恵介先生からはイラストも到着しているので要チェック!

FUNA先生コメント

夢見たことはあったけど、まさか、本当にこの日が来ようとは……。これも皆、読者の皆様のおかげです。ありがとうございます!喋り、動くミツハが見られるとは……。

FUNA「こいつ、動くぞ!」ミツハ「私は、ガン●ムかっ!」

文字だけの小説版、静止した絵のコミック版に続く、動いて喋る新たな媒体、アニメ版の『ろうきん』の楽しさ、面白さ、是非お確かめください!

モトエ先生コメント

「ろうきん」アニメ化!アニメになったらいいなあと思ってはいましたが、まさか夢がかなうとは!漫画で描かせて頂いた数々のシーンがアニメではどうなるのか…特に、声・動き・音楽などは自分では想像しきれないので楽しみです。ミツハちゃんのお兄ちゃんも、草葉の陰で喜んでいることでしょう。漫画作画させて頂いた作品のアニメ化、という機会を与えて下さったFUNA先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

公式 Twitter:@roukin8_anime

©FUNA・講談社/「ろうきん」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。