Co-Editor of Tokyo Pop Guide​ Roman Hürlimann​ has been featured in Swiss newspaper Blick as Otaku evangelist

『Tokyo Pop Guide』コーエディターのラユン氏がスイスのドイツ語新聞『Blick』にオタクカルチャーの伝道師として紹介されています。The Co-Editor of Tokyo Pop Guide​ Roman Hürlimann​ has been featured in Swiss newspaper Blick as Otaku evangelist.

スイスのドイツ語新聞『Blick』の記事によると、日本ではスイスの提督として有名なラユン氏が、「スイスでは普通の会社員、日本では有名人の二つの人生を歩む人」として紹介されています。記事の内容を簡易的ですがサマリーで紹介します(ラユン氏の承認を得ていますが、翻訳したものではありません)。

ローマン氏の二つの人生は日本のアニメを観始めた頃から始まった。24年間の人生を日本のアニメと共に過ごし、今ではスイスで最も有名なオタクの一人となった。彼の部屋には数多くのアニメグッズがスタイリッシュに並べられ、夜寝るときは2次元の美に寄り添う。彼の年間の趣味と日本への旅行に費やす金額は、毎年2万スイスフラン(日本円にしておおよそ250万円)。彼が最も好きな場所は、オタク文化の中心「秋葉原」という街である。

オタクとは、英語でナードやギークに相当する言葉で、特にマンガやアニメ、ゲームが好きな人のことを指している。彼は日本ではとても有名で、Twitterには22,500人のフォロワーがいる。彼は日本語で彼の体験や出来事についてツイートしている。最近は、ゲーム開発者の集いにファッションモデルとして参加したこともある。ローマン氏は、寿司に対してはそこまで興味はないが、年間2ヶ月以上も日本に滞在している。

This report is about “living two different lives” – an ordinary office worker in Switzerland and an idol in Japan.

It said: My two lives have begun to appear ever since I started watching Japanese animation, and now I am one of the biggest otaku in Switzerland. My room is full with goods nicely decorated as interior and I even sleep with 2D girls. The expense spending on my hobby and travel to Japan is about 20,000 swiss francs per year. My favorite otaku place is “Akihabara” where it is the center for otaku culture.

It continues: Otaku is the word for nerd/geek in English – people who are very passionate about Manga Anime Games. He is already a popular person in otaku culture as he has 22,500 followers on Twitter. He tweets in Japanese about his unique lifestyle and shares his experiences with the followers. Recently he became a model for a game company. He is not keen on sushi so much but stays in Japan for more than 2 months every year.

There is a short article about his introduction of Akihabara on Tokyo Pop Guide No. 1 and you can get a copy from Tokyo Otaku Mode