ヴァンガード新シリーズ英語版、海外受注好調!平均200%以上の受注を獲得!

株式会社ブシロードが手がけるヴァンガードシリーズ、世界各地で『カードファイト!! ヴァンガード』の新シリーズ【英語版商品】の受注が好調に推移していることが同社の発表で明らかになりました。

北米で前商品比213%の受注数を獲得!

世界各地で『カードファイト!! ヴァンガード』英語版の受注数が激増!北米では、なんと前商品比213%の受注数。そして、北米以外の地域でも受注数は大幅増加し、海外合計の平均としても200%を超える受注数となったとのことです。

ティーチングキャラバンに自ら参加する取締役の木谷高明氏

昨年7月、北米でのブシロード製品のティーチングキャラバンに取締役の木谷高明が自ら参加。自身の手で車のハンドルを握り、ワシントンD.C.からニューヨークまで35店舗のTCGショップを巡りました。こ の他、ブシロードインターナショナル全体での実施店舗を含めると、その数はなんと200店舗以上。それぞれの店舗へと、直接社員が訪問させて頂きました。

ブシロードTCGの世界大会、WGP2017/BCS2017の決勝大会の様子

ブシロードTCGの世界大会、WGP2017/BCS2017の決勝大会では、全28の国・地域から総勢139名が集結しました。国境も言語も超えて、ヴァンガードをはじめとしたブ シロードTCGで熱いファイトが繰り広げられました。

アニメ「カードファイト!! ヴァンガード」

あらすじ

主人公「先導アイチ」は、気が弱く、クラスでも目立たない中学三年生の男の子。

アイチが心の支えにしていたのは、子供の頃にもらった一枚のカード「ブラスター・ブレード」。

架空の異世界「惑星クレイ」を舞台にしたカードゲーム、「ヴァンガード」の貴重なレアカードだった。

そのカードをもらった相手「櫂トシキ」と再会した日から、アイチの日常は大きく変わり始める。

さまざまなファイターと出会い、自分の世界を広げる中、

アイチは、惑星クレイのユニットの声が聞こえる不思議な体験をする。

それは、フーファイターの当主「雀ヶ森レン」が持つ、

PSYクオリア(サイクオリア)と呼ばれる力と酷似していた。

ファイトを通じて自らの熱い心をぶつけ合う、ヴァンガードファイターたちの青春ストーリー。

配信情報

AbemaTV 5月5日から 毎週土曜21:00~
YouTube 5月5日から 毎週土曜24:00~
ヴァンガードchにて

放送情報

TOKYO MX
2018年5月5日から 毎週土曜22:30~
2018年5月6日から 毎週日曜11:00~
2018年5月9日から 毎週水曜19:00~
サンテレビ
2018年5月5日から 毎週土曜22:30~
KBS京都
2018年5月5日から 毎週土曜22:30~
BS11
2018年5月5日から   毎週土曜23時〜
テレビ愛知
2018年5月6日から 毎週日曜25:05~
テレビ神奈川
2018年5月9日から 毎週水曜25:00~
BS11
2018年5月5日から 毎週土曜23:30~

製作情報

原作:ブシロード/伊藤彰
監督:川崎逸朗
シリーズ構成:赤星政尚
キャラクターデザイン:磯野智
美術監督:丹伊田輝彦
音響監督:今泉雄一
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:ヴァンガードプロジェクト

楽曲情報

オープニングテーマ
「Legendary」歌:Roselia
エンディングテーマ
「GIFT from THE FIGHT‼」
歌:先導アイチ(CV:代永翼)&櫂トシキ(CV:佐藤拓也)
作詞:南野Emily  作曲:DogP  編曲:安岡洋一郎

「カードファイト!! ヴァンガード」とは?

ブシロードが世界に誇るTCG(トレーディングカードゲーム)とそれを原作としたメディアミックス作品群。2011年3月の発売から、わずか1年でトレーディングカード市場3位を獲得した。マルチメディアミックス展開により、シリーズ累計20億枚を突破。英語版、タイ語版、イタリア語版を含め、40の国や地域で販売され現在も世界中にプレイヤーを増やし続けている。

誕生から7年。2018年5月、ヴァンガードプロジェクトのあらたな挑戦が始まる!

アニメ「カードファイト!! ヴァンガード」新シリーズ

2011年1月の放送開始から大きな話題を呼んだ「カードファイト!! ヴァンガード」が、伊藤彰先生の「コミック版」をベースに、もうひとつのカタチでよみがえる!

(C)Project Vanguard2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA