『あした世界が終わるとしても』主題歌&挿入歌はあいみょん!特報も到着!

2019年1月25日(金)に公開予定のクラフタースタジオ・オリジナル長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』より、主題歌&挿入歌情報及び特報が到着しました。

本作の主題歌と挿入歌を、シンガー・ソングライターのあいみょんが担当しています。アニメーション映画の主題歌を手がけるのは初めてのことですが、本編の内容とリンクした挿入歌とともに、二曲の新曲を書き下ろしています。

挿入歌「ら、のはなし」は、主題歌に先駆けて『あした世界が終わるとしても』の特報として、全国の劇場で、10月19日(金)より上映されます。この度、30秒版、60秒版がWEB解禁となりました。

『あした世界が終わるとしても』挿入歌「ら、のはなし」特報

物語の主人公は高校三年生の男女。幼いころに母を亡くして以来、心を閉ざしがちな真(シン)。彼をずっと見守ってきた、幼なじみの琴莉。高校三年の今、ようやく一歩を踏み出そうとしたふたりの前に突然、もうひとつの日本から、もうひとりの「僕」が現れる――。

等身大で鮮烈な歌詞と、軽快なメロディで綴られる、恋する男女の「もし 〜 だった “ら”のはなし」。ヒロイン・琴(コト)莉(リ)がイヤホンで「ら、のはなし」を聞きながら、黄昏の街を歩く特報映像。琴莉と主人公・真の前に、いったい何が待ち受けているのか……。

あいみょん本人からのコメントが到着!

「大切な人を守りたい」と感じることが本当の愛に思えました。それに、大切な人を守る事が自分を守る事にもなる気がした。人は運命や秘密、約束、身体を共有し合うことで更に深まりあい、必ず惹き合う。

あいみょんプロフィール

1995年3月6日、兵庫県生まれ。幼少の頃より音楽に触れて育ち、中学の頃からソングライティングを始める。16年、シングル「生きていたんだよな」でメジャーデビュー。今年3月から開催した全国ツアーは全公演SOLD OUT。11月14日には6thシングル「今夜このまま」をリリースする。11月から開催される自身最大規模となる全国ツアーは追加公演を含め全公演SOLD OUT。

櫻木監督、あいみょんの楽曲についてコメント

主人公とヒロインは、ごく普通の高校生。物語はふたりの日常から始まります。とにかくリアリティーのある演出を心掛けています。音楽についても、今の10代、20代の音楽のリアルが出せる方がいいなと思い、この度、あいみょんさんにお願いしました。

挿入歌へのオーダーは「エモーショナルにはしたいですが、あまり暗くなり過ぎない感じ。映画は破滅に向かうようなお話のため、曲は明るく聴かせたい」とお願いしました。あいみょんさんは、主題歌・挿入歌ともに、そのリクエストにバシッとハマる曲を作ってきてくれました。作品の顔となる楽曲を、大切に使わせていただきたいと思っています。

あした世界が終わるとしても

公開日:2019年1月25日(金)

あらすじ

幼いころに母を亡くして以来、心を閉ざしがちな真(シン)。
彼をずっと見守ってきた、幼なじみの琴(コト)莉(リ)。
高校三年の今、ようやく一歩を踏み出そうとしたふたりの前に突然、もうひとつの日本から、もうひとりの「僕」が現れる――。

スタッフ

原作:クラフター
監督・脚本:櫻木優平
制作:クラフタースタジオ
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会
配給:松竹メディア事業部

公式HP:http://ashitasekaiga.jp/
公式Twitter:@ashitasekaiga

©あした世界が終わるとしても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA