豪華キャスト多数出演!AnimeJapan2019 ポニーキャニオンブースステージレポート2DAYS!

2019年3月23日(土)、24日(日)に、東京ビッグサイトにて開催された世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2019』のポニーキャニオンブースにて、関連するアニメ・ゲーム作品のキャストや声優アーティストが多数登場するステージイベントが行われました。

今年のポニーキャニオンブースでは、23日(土)に「A3!」「RobiHachi」「福山潤」「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」「土岐隼一」「SSSS.GRIDMAN」「下野紘」、24日(日)に「グリムノーツ The Animation」「RELEASE THE SPYCE secret fragrance」「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「消滅都市/SPR5」「五等分の花嫁」「ダイヤのA actⅡ」といった、各日7つのステージを展開。23日(土)のSTAGE1~STAGE3は土岐隼一、STAGE4~STAGE7は松岡侑李、24日(日)は佐伯伊織がMCを担当しました!

各ステージでは、作品に関するトークのほか、カードに書かれたテーマでトークを行う「ジョーカートーク」、ブラックジャックと同じ要領で、AnimeJapan 2019のテーマ「ROCK」にちなんで「69」に近づけたチームが優勝となる、ステージ対抗の「ROCK’N ROLL JACK」など、ここでは作品トークおよび告知コーナーを中心に、ステージの模様をダイジェストで紹介していきます。


1日目・23日(土)

MC:土岐隼一(10:30〜12:50)/松岡侑季(13:30〜16:30)
10:30 – 11:00 A3! 出演:酒井広大、江口拓也、沢城千春、田丸篤志
11:20 – 11:50 RobiHachi 出演:中井和哉(ロビー・ヤージ役)、河本啓佑(ハッチ・キタ役)
12:20 – 12:50 声優アーティスト:福山潤
13:30 – 14:00 Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 出演:KiRaRe
14:20 – 14:50 声優アーティスト:土岐隼一
15:20 – 15:50 SSSS.GRIDMAN 出演:広瀬裕也(響裕太役)、怪獣アンチ
16:00 – 16:30 声優アーティスト:下野紘

A3!

劇団の主宰兼総監督になって、イケメン劇団員たちを育成するスマートフォン向けアプリゲームで、先日行われたライブイベントにて待望のアニメ化も発表された『A3!』。作品内には、春、夏、秋、冬といった4つの組に6人ずつ計24人の団員が所属しているが、今回のステージには、佐久間咲也役の酒井弘大、皇天馬役の江口拓也、摂津万里役の沢城千春、月岡紬役の田丸篤志といった、各組リーダーのキャストが集結した。MCを務める土岐も瑠璃川幸役として出演していることもあり、息の合ったトークで作品の魅力が紹介された。

そして、アニメロゴが初解禁されたほか、ゲームの最新情報やオフィシャルラジオ番組『A3! Blooming RADIO』が、4月より文化放送地上波にて毎週土曜深夜26時からスタートすること、『A3! BLOOMING LIVE 2019』のBlu-ray&DVDが9月25日に決定したこと、さらに、各組のミニアルバム第4弾となる「BRIGHT EP(ブライトイーピー)」シリーズの発売が決定したことなど、盛り沢山の最初情報を告知。今後に向けての期待がますます高まるステージとなった。

RobiHachi

4月からの放送開始が予定されているTVアニメ『RobiHachi』からは、ロビー・ヤージ役の中井和哉とハッチ・キタ役の河本啓佑が登壇。自身が演じる役どころに加え、JPS-19(cv. 阪口大助)、ヤン(cv. 杉田智和)、アロ(cv. 木村昴)、グラ(cv. 徳留慎乃佑)など主要キャラクターを紹介したほか、作品PVが上映され、4月からの放送に向けての熱い意気込みが語られた。

告知コーナーでは、主題歌CD情報を紹介。Hatchi feat. Robbyによるオープニングテーマ「天才のプレイリスト」、Allo&Gras feat.Yangによるエンディングテーマ「Dancing to Night 〜君への最短ワープ航路〜」は、いずれも4月24日(水)の発売予定となっており、ステージではジャケット写真も初公開となった。なお、OPテーマ・EDテーマの発売記念イベントが開催予定となっているほか、3月29日(金)には第1話・第2話の先行上映会を開催。4月6日(土)からは、河本啓佑、木村昴、徳留慎乃佑が出演するラジオ番組「RobiHachiRadi」が毎週土曜日23時30分~にラジオ大阪にて放送されるなど、アニメ放送に向けての展開にも注目しておきたい。

福山潤

声優としてはもちろん、アーティストとしても活躍する福山潤のステージでは、4月24日にリリースされる3rdシングル「dis-communicate」の話題を中心にトークを展開。自身初のアニメタイアップシングルとなる本作は、福山も主人公役で出演する4月放送のTVアニメ『真夜中のオカルト公務員』のオープニングテーマとなっている。2ndシングルに引き続き、松井洋平との共作で作詞を手掛けている福山だが、今回は、歌いたいこととアニメの内容を織り交ぜての作詞だったことを明かした。そして、MCの土岐もが、『真夜中のオカルト公務員』に出演しており、さらにエンディングテーマを担当することをいじりつつ、「dis-communicate」のミュージックビデオを初公開。収録の際のエピソードなどを披露した。

福山潤の3rdシングル「dis-communicate」は4月24日の発売予定。初回限定盤、通常盤、アニメ盤、きゃにめ限定盤といった4種類でのリリースとなる。ステージでは、店舗別オリジナル特典の絵柄が初解禁されたほか、9月15日(日)に、有楽町朝日ホールにてスペシャルライブイベントが開催されることも発表された。本イベントのチケット優先販売申込券も全形態に封入予定。

Re:ステージ! ドリームデイズ♪

2019年7月から放送予定の『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』からは、作中グループ・KiRaReのメンバーである、式宮舞菜役の牧野天音、月坂紗由役の鬼頭明里、市杵島瑞葉役の田澤茉純、柊かえ役の立花芽恵夢、本城香澄役の岩橋由佳、長谷川みい役の空見ゆきという、今回のステージでは最多の6人が登壇。一気に華やいだステージでは、アニメPVで動いているキャラクターに喜びの声を上げつつ、作品や自身の演じるキャラクター、さらにオルタンシアやステラマリスなど作品を彩る個性的なグループやメンバーを紹介した。
告知コーナーでは、3月27日にリリースされる6thシングル「ハッピータイフーン」をアピール。初回盤には、収録の模様を撮影したメイキングDVDが付属するという。そして、現在配信中のゲームアプリ『Re:ステージ! プリズムステップ』を紹介。近々ライフが減らず必ず最後まで出来るようになるモードが搭載されるとのことなので、こちらも注目しておきたい。そして、4月からは、大阪・仙台・名古屋・東京を巡るライブツアーを開催。7月のアニメ放送に向けて、さらなる展開を期待させるステージとなった。

土岐隼一

続いてのステージは、「STAGE1~3」でMCを務めた土岐隼一が満を持しての登壇。5月15日にデビューシングルがリリースされるのに先駆け、意気込みや歌にかける思いが語られた。デビューシングル「約束のOverture」は、4月放送のTVアニメ『真夜中のオカルト公務員』のエンディングテーマ。ステージでは、雄大な自然の中で撮影された、フォルクローレ調の楽曲にもピッタリのミュージックビデオが、音源ともども初解禁となった。

デビューシングル「約束のOverture」は初回限定盤、通常盤、きゃにめ限定盤、アニメ盤といった4種類でのリリースとなり、東名阪にてお渡し会が行われるほか、5月19日には、バースデー&デビュー記念イベント「約束の 3Overture」が東京・科学技術館サイエンスホールにて開催される。また、4月からは文化放送 超!A&G+にてラジオ番組『土岐隼一 ラジオ“Time with You”』がスターとすることも明らかにされた。「ROCK’N ROLL JACK」のコーナーでは、“67”からさらに1枚を引くという男気をみせた土岐。デビューに向けてのさまざまな展開にも注目しておきたい。

SSSS.GRIDMAN

2018年10月から放送され、大きな話題を呼んだTVアニメ『SSSS.GRIDMAN』のステージには、響裕太役の広瀬裕也が登壇。作品やキャラクター紹介のあとは、宝多六花役の宮本侑芽とパーソナリティを務めるWebラジオ『とりあえずUNION』の話題に。いつも緊張しているという広瀬だが、第5回「アニラジアワード」大笑いラジオ賞を受賞したことにも触れ、今後ラジオCDがリリースされることなどを明らかにした。さらに、ステージにはスペシャルゲストとして怪獣アンチが登場。言葉を発せないアンチを相手に四苦八苦する広瀬だったが、アンチの予想外のオーバーリアクションにも助けられ、会場を大いにわかせていた。

すでに本放送は終了している『SSSS.GRIDMAN』だが、4月からはTOKYO MX1での再放送も決まっている。そして、5月26日にはカルッツかわさきにて、番組の集大成とも言えるイベント「SSSS.GRIDMAN SHOW 02」が開催される。作品を支える豪華キャスト陣が集結する本イベントへの意気込みを語り、ステージを締めくくった。

下野紘

ポニーキャニオンブースで繰り広げられたトークステージ初日のラストを飾ったのは、声優、そしてアーティストとして活躍する下野紘。3月20日にリリースされたきゃにめ限定版コンセプトシングル「sympathy」を引っさげての登場となった下野は、雰囲気が大きく異なる2種類のジャケット写真や特典のメイキングDVD、さらにアーティストとしては初となるモノローグ収録など、これまでのロックテイストとはまた違った、下野の新しい魅力を引き出す楽曲「sympathy」について、熱いトークを繰り広げた。

下野紘のきゃにめ限定版コンセプトシングル「sympathy」は現在発売中となっているが、5月18日(土)には、東京・ニューピアホールにて、「HIRO SHIMONO Reading&Mini Live2019~sympathy~」を昼夜2回公演で開催予定。声優として、そしてアーティストとしての下野の魅力が存分に詰まった本イベントのチケット優先販売申し込み券は、「sympathy」の封入特典となっているので、こちらもしっかりチェックしておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA