【新編集版】アニメ『RE:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』物語の見どころまとめ【初心者向け】

「君を救うためなら、俺は何度でも死ぬ。」2016年、世界中のアニメファンを熱狂させた長月達平原作(イラスト:大塚真一郎)ノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』のTVアニメシリーズに新たな編集を加えた、“第1期新編集版”が現在TOKYO MX他にて放送中。

この記事では、2020年4月ファン待望のTVシリーズ2期『Re:ゼロから始める異世界生活』が放送を予定していますが、まだアニメを観たことがない人向けに「リゼロ」について知っておくべきことを解説していきたいと思います。

先ずはTVシリーズを一通り視聴しておけば第2期の放送には間に合うので、現在放送中の、物語の見どころを解説していきます。

アニメ『RE:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』物語の見どころまとめ【初心者向け】

ナツキ・スバルの「死に戻り」について

主人公・ナツキ・スバルは、ある夜コンビニエンスストアからの帰宅途中に、突如異世界に転生してしまいます。異世界転生の際に、スバルはチート級の魔力や戦闘力などは一切付与されず、その代わりにこの世界で何度死んでも、決まった場所まで自動的に戻ってやり直すことができる、という“時間を巻き戻す”不思議な特性を授かります。

タイトルの「Re:」にありますように、「Re:」の意味については諸説ありますが、キャラクターが死亡した際に、決まった場所からプレーを再開する、という意味のリスポーン(Respawn)のことではないかなと推測できます。

そして、この「死に戻り」が、「リゼロ」の最大の面白さであり、スバルがこの世界で生き抜く為の唯一の処世術となります。この世界でスバルは、自らの非力さを理解し、数え切れないほどの「死に戻り」を繰り返しながら、目の前の難解な問題や勝ち目のない戦いに挑んでいきます。

スバルは多少の器用さを持ち合わせつつも、知力・体力ともに標準レベルです。しかし、行動力と想像力がずば抜けて高く、時には泣き崩れたり、絶望しきってしまったりを繰り返しながら、点と点を結びつけ、少しずつ真相に近づいていきます。

「ルグニカ王国」の世界観について

舞台は「ルグニカ王国」という人口30万程の王都を中心に、ダビデの星が描かれるように人口20〜30万の都市が6つ配置された巨大王国。400年前に竜と王族の同盟によって世界を滅ぼしかけた“嫉妬の魔女”を封印するが、繁栄を築いてきた「ルグニカ王国」の王族全員が病死するという原因不明の事態が起こり、国中に厳戒態勢が敷かれた後、「賢人会」と呼ばれる王国で最も権威がある名家が集まって国の秩序を守ることに。

そして、5人の巫女を王候補として選出し、1人の王を選ぶ為に、様々な思惑が動き始める…。

「ルグニカ王国」に転生したスバルは、様々なキャラクターと出会っていきます。しかし誰もが謎めいた過去を持っており、イラストレーター・大塚真一郎さんが手掛けた可愛らしい原案デザインとこの世界とのギャップが、甘さと辛さのハーモニーを奏でています。

この物語で登場するキャラクターは、共存、支配、従属、孤独といった様々な状態や関係性の中でそれぞれの目的を持って生きています。

そんな王が不在のこの「ルグニカ王国」に現世から転生してしまったスバルという存在はある種「異端」で、人の理解を超越しています。またこの世界に住まう誰とも共通点がありません。

登場人物とスバルの関係について

そんな状況下でスバルは信頼を得ようとあらゆる方法を駆使しますが、スバルを一番近くで見てきたヒロイン・エミリアでさえ、スバルをほとんど理解出来ていないのは、スバルが「死に戻り」を繰り返しているからです。

費やした“時間”も、繰り返す度に深まる“想い”も、エミリアから見れば1本の分岐の先に存在する1つの現在の姿で、スバルは得体が知れない命の恩人であり客人に過ぎません。

しかし、それでも前に進むことが出来るのは、スバルのモチベーションがエミリアを笑顔にすることだからです。そんな性格のスバルは、エミリアのみならず、出会った子どもや村人、そして動物も困っていれば放ってはおきません。

全員を幸せな未来に導こうと試み、そのリスクの代償を自らの命で支払っていく、それが「リゼロ」の世界におけるスバルの生き様と言えます。

そして、物語が進む毎にスバルは特性「死に戻り」に関する重要な秘密を知っていく事となります。陰謀が渦巻く「ルグニカ王国」で王になるのは果たして誰か?スバルとエミリアの運命は?

その他映像化された「リゼロ」シリーズ

現在、TVアニメ1期に新たな編集を加えた、“第1期新編集版”がTOKYO MX他にて放送中です。また、この他に2つの劇場版が存在します。

劇場アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』

次には『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』。これはTVシリーズ11話「レム」直後の第11.5話という位置づけで、その後に起こった不思議な出来事を描いたショートエピソードとなります。

劇場アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』

そして“エミリアとパックの出会いの物語”として描かれた『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』は、TVシリーズ第1期の前日譚、更に第2期へと繋がるエピソードも含まれています。

「第1期新編集版」、「Memory Snow」、そして「氷結の絆」の3つの物語を引っさげ、いよいよ2020年4月ファン待望のTVシリーズ第2期『Re:ゼロから始める異世界生活』が放送開始という流れとなります。

「リゼロ」原作ノベル・コミックスについて

アニメもいいけど、原作は?という人に朗報です。謎を全て解明するには、原作を読破するしかないかなと思います。

実は筆者も、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』を観た後に原作を読んでいます。アニメの素晴らしさは、映像ならではのアニメの為に編集された脚本や演出、動くキャラクター達、そして声優さんの演技など、例を挙げるときりがありませんが、もしこの記事を読んで原作にも興味が湧いたら是非本を手にとってはいかがでしょうか。

「リゼロ」シリーズは原作ノベル以外にもコミックスもあるので、活字を読むのが苦手な人はコミックスを読むのもありです。第2期からまた新しい物語が描かれていきますので「リゼロ」を本質的に理解するためにも原作ノベル、もしくはコミックスを読んでおくことをオススメします。

また、魔女教大罪司教『怠惰』を討伐したスバルは、エミリアとの再会を果たすがそれは新たな波乱の幕開けだった…。アニメ2期が始まるのがこの章からとなります。原作を読んでからアニメを観たい人はチェック!

現在発売中のライトノベル&コミックスシリーズを完全網羅したカタログページを作ってみました。こちらもぜひお役立て下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、来る【今年】4月よりTVシリーズ2期『Re:ゼロから始める異世界生活』が放送される前に、まだアニメを観たことがない人向けに「リゼロ」の物語の序盤部分について解説させていただきました。

この記事を読んでいる方で、既に「小説家になろう」時代から鼠色猫/長月達平先生の作品をWebで読まれてきた方からすると物足りないかもしれませんが僕なりに考察を入れてみました。良かったらSNSなどでシェアして頂けますと幸いです。コメントも大歓迎です。

是非アニメ「リゼロ」を観て、ハマって下さい!そして、2期に期待して下さい!!

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版

放送情報

AT-X 2020年1月1日から毎週水曜 22:30~23:30
《リピート放送》毎週金曜 14:30/毎週日曜 21:00/毎週火曜 6:30
TOKYO MX 2020年1月1日から毎週水曜 23:30~24:30
テレビ北海道 2020年1月2日から 毎週木曜 26:00~27:00
※初回放送1月2日のみ26:35~27:35
KHB東日本放送 2020年1月9日から 毎週木曜 25:56~26:56
※初回放送1月9日のみ25:56~27:56
テレビ愛知 2020年1月9日から 毎週木曜 26:05~27:05
※初回放送1月9日のみ26:05~28:05
KBS京都 2020年1月3日から 毎週金曜 25:00~26:00
サンテレビ 2020年1月2日から 毎週木曜 25:30~26:30
TVQ九州放送 2020年1月5日から 毎週金曜 26:58~27:58
※初回放送1月5日のみ日曜特別枠26:10~27:10
BS11 2020年1月1日から 毎週水曜 25:00~26:00

スタッフ

原作:長月達平(MF文庫J「Re:ゼロから始める異世界生活」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:大塚真一郎
監督:渡邊政治
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
プロップデザイン:鈴木典孝、岩畑剛一
美術設定:金城沙綾(美峰)
美術監督:高峯義人(美峰)
色彩設計:坂本いづみ
撮影監督:峰岸健太郎(T2studio)
3Dディレクター:軽部 優(T2studio)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響監督:明田川 仁
音響効果:古谷友二(スワラ・プロ)
音楽:末廣健一郎
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

キャスト

ナツキ・スバル:小林裕介
エミリア:高橋李依
パック:内山夕実
レム:水瀬いのり
ラム:村川梨衣
ベアトリス:新井里美
ロズワール・L・メイザース:子安武人
フェルト:赤﨑千夏
ラインハルト・ヴァン・アストレア:中村悠一
クルシュ・カルステン:井口裕香
フェリックス・アーガイル:堀江由衣
ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア:堀内賢雄
アナスタシア・ホーシン:植田佳奈
ユリウス・ユークリウス:江口拓也
プリシラ・バーリエル:田村ゆかり
アルデバラン:藤原啓治
エルザ・グランヒルテ:能登麻美子
ペテルギウス・ロマネコンティ:松岡禎丞

あらすじ&場面カット

新編集版1話「始まりの終わりと終わりの始まり」🔗
新編集版2話「再会の魔女」
新編集版3話「ゼロから始まる異世界生活」🔗
新編集版4話「ロズワール邸の団欒」
新編集版5話「約束した朝は遠く」🔗
新編集版6話「鎖の音」
新編集版7話「ナツキ・スバルのリスタート」🔗
新編集版8話「泣いて泣き喚いて泣き止んだから」
新編集版9話「勇気の意味」🔗
新編集版10話「鬼がかったやり方」
新編集版11話「レム」🔗
新編集版12話「再来の王都」
新編集版13話「自称騎士ナツキ・スバル」🔗
新編集版14話「絶望という病」
新編集版15話「狂気の外側」🔗
新編集版16話「豚の欲望」
新編集版17話「醜態の果てに」🔗
新編集版18話「ゼロから」
新編集版 19話「醜態の果てに」🔗
新編集版20話「ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア」
新編集版 21話「絶望に抗う賭け」🔗

<公式サイト>
http://re-zero-anime.jp/hyoketsu/

<公式Twitter>@Rezero_official
https://twitter.com/rezero_official

(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会