アニメ『へやキャン△』新たな聖地の予感!?山梨めぐりはじまる【第1話】感想コラム

2018年1月~3月に放送され大ヒットしたTVアニメ「ゆるキャン△」。2020年1月6日よりシリーズ最新作であるショートアニメ『へやキャン△』が好評放送中です。この度、待望の第1話が放送され、筆者を含め多くのファンが良い意味で裏切られたようです。

この記事では、原作コミックは勿論のこと、アニメ『ゆるキャン△』を全て視聴し、身延で開催されるイベントにも参加するほどの筆者が『へやキャン△』第1話「ツナ缶のなぞ」のふりかえり&感想をお届けし、新たに生まれる山梨の聖地について解説していきます。

「へや」なのに外出する!?アニメ『へやキャン△』1話&2話の先行カット到着!キャストコメントも

※ 本記事はネタバレを含みます。

アニメ『へやキャン△』第1話「ツナ缶のなぞ」ふりかえり

季節は木枯らしが吹く真冬の午後。野外活動サークル(野クル)の部室で、各務原なでしこ(なでしこ)は、大垣千明(千明)と犬山あおい(あおい)に、バターを使ってアレンジした自作のほうとうの写真を見せる。すると、あおいはなでしこが一人前の梨っ子になったと称賛するが、千明はあおいの評価が甘すぎると指摘し、更に「笛吹の桃に間違えられるぞ!」と一蹴した。しかしあおいは「甘いと言えば勝沼のぶどうや!」とすぐさま反論。

そして、話題は「梨っ子スタンプラリー」に移る。3人は早速スタンプを制覇するため直ぐに部室を発つことに。こうして、3人の途方も無い旅が始まった。

アニメ『へやキャン△』第1話「ツナ缶のなぞ」感想

3分半という短い時間の中に30分番組の内容がギュッと詰まった『へやキャン△』第1話でした。例えるなら、出来たての身延饅頭のように熱々で甘く、そして何個でも食べられる美味しさです。

山梨を旅して景品がもらえる「梨っ子スタンプラリー」とは

1話のあらすじ情報が解禁された際に話題となった原作者・あfろ先生のコメントを引用すると、

漫画『へやキャン△』は「ゆるキャン△」の番外編でほぼ部室で駄弁る内容なんですがショートアニメ「へやキャン△」では山梨の色々なスポットへガンガン出かけて行きます…

梨っ子スタンプラリーのスタンプ集めを1話ずつ行うと、訪れる場所も様々です。山梨県の観光スポットやグルメ情報が紹介されるのであれば、ゆるキャンファンにとって新しい旅の目的地、即ち聖地が出来るので、楽しみで仕方がありません。

そして、1話でも食べ物に関する紹介がありました。前述の笛吹の桃、そして勝沼のぶどうです。タイトルにある「ツナ缶」については是非本編をご覧ください!

笛吹の桃と勝沼のぶどうについて

笛吹市は山梨県甲府盆地の東に位置し、市名に由来する笛吹川が市の中心を流れており、笛吹川対岸に広がる扇状地は「桃源郷」と呼ばれています。その名にふさわしい、生産量日本一を誇る桃の栽培エリアとして有名です。

また、勝沼のぶどうについては、ぶどうとワインが勝沼のシンボルと呼ばれるほどの知名度があります。360度ぶどう畑に囲まれた、ぶどうとワインのサンクチュアリとも呼ばれているそうです。

1話から山梨の“桃とぶどう”が話題に上がったので、どこかで笛吹市と勝沼に立ち寄る回があるかもしれませんね。

いよいよ始まったなでしこたちの新たな挑戦を一緒に見守っていきましょう。

笛吹観光ナビ http://www.fuefuki-kanko.jp/detail/index_222.html
甲州市勝沼ぶどうの丘 https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/specialty/n_6968.html

ショートアニメ『へやキャン△』概要

放送情報

・AT-X:2020年1月6日(月)より毎週月曜20:55~
【リピート放送:毎週 (水)12:55/毎週(金)28:55/毎週(日)23:55】
・TOKYO MX:2020年1月6日(月)より毎週月曜21:54~ 
・BS11:2020年1月6日(月)より毎週月曜21:54~ 
・山梨放送:2020年1月12日(日)より毎週日曜11:25~

イントロダクション

「わたしたいじかんが、あります。」

TVアニメーション『ゆるキャン△』シリーズ、2年ぶりの新作。
もうひとつのアウトドア系ガールズストーリーがはじまります。

2018年の冬に放送されたTVアニメ―ション『ゆるキャン△』が、この冬、ショートアニメーション『へやキャン△』となって帰ってきます。

マンガアプリ『COMIC FUZ』(芳文社)にて連載中のあfろによる短編スピンオフ『へやキャン△』を原作・原案とする本作のメインスタッフには、『ゆるキャン△』に携わったチームが集結しました。
監督は神保昌登。『ゆるキャン△』ではOPコンテ・演出を手掛け、『異世界食堂』『川柳少女』などの監督・脚本も務める気鋭の演出家です。
さらに『ゆるキャン△』のサブライターとして参加していた伊藤睦美を、自身初のシリーズ構成として抜擢。
キャラクターデザインの佐々木睦美、アニメーション制作のC-Stationも続投し、新たにスーパーバイザーとして京極義昭を迎えました。
声の出演は、もちろん花守ゆみり・原紗友里・豊崎愛生・東山奈央・高橋李依などおなじみの声優陣が担います。
そして、劇中の音楽を担当するのは『ゆるキャン△』と同じく立山秋航。
今回はなんと全編フィルムスコアリングに挑みます。

ひとつひとつはちょっぴり短いお話ですが、
つなぎあえばきっとあたらしい物語に出会えるはず。

2020年のはじまりに、
わたしたいじかんが、あります。

ストーリー

野クル、旅に出る!

野外活動サークル、略して野クル。部員はたったの3人。
山梨県の片隅に校舎を構える本栖高校、さらにその隅にある部室棟の、「うなぎのねどこ」みたいな一角を部室として使用するゆるーいアウトドアサークル。
今日も今日とて各務原なでしこが狭い部室で暇を潰していたところ、大垣千明と犬山あおいが突然「今から旅に出るぞ!」と告げる。
おろおろするなでしこを連れ回し、野クルメンバーたちが山梨中を東奔西走。
各地の名物を味わい尽くして繰り広げる女子高生の珍道中、旅のゴールはどこだ!?

スタッフ

原作:あfろ(芳文社「COMIC FUZ」掲載)
監督:神保昌登
シリーズ構成・脚本:伊藤睦美
キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木睦美
スーパーバイザー:京極義昭
制作プロデュース:DeNAコンテンツ企画部
アニメーション制作:C-Station

キャスト

各務原 なでしこ:花守ゆみり
志摩リン:東山奈央
大垣千明:原紗友里
犬山あおい:豊崎愛生
斉藤恵那:高橋李依

公式HP http://yurucamp.jp/
公式Twitter @yurucamp_anime

©あfろ・芳文社/野外活動サークル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。